描き方

手の大きさと顔の大きさを合わせた方がいい?

 

むかしテレビで東南アジアの観光ロケ番組を見ていたら、洋服が激安で売っている市場を取材していました。レポーターが日本人のノリで「このズボン試着できるの?」と聞いたら、アジア人のおばちゃんが

「これはズボンのウェストを首に巻くとちょうどサイズを測れるのよ。ほらやってみなさい」と言っていた。

実際にやってみたレポーターは本当にちょうどいいサイズだったので驚いていたのですが、人体の比率に関する科学的根拠が曖昧なこうした噂、結構ありますよね?

 

スポンサーリンク

人間の体の不思議!?顔と手足の大きさは同じ

また別に、よく巷で、顔の大きさと手と足の大きさ同じくらい、または比例していると言われてるのを聞きます。本当でしょうか。イラストの指南書にも手の大きさと顔の大きさは一緒くらいと書かれているのを見たことがあるようなないような。

実際に測ってみました。注意:頭までではなく、顔と手の大きさのようです。

また写真はPAKUTASOさんからです。

おや?だいたい一緒です。どこまでが顔なのか、人にもよると思いますが、自分の手を顔に合わせてみてもだいたい顎からおでこ上あたりのようです。

本当なら手を顔に近づけるポーズの時は注意ですね。

 

足の大きさも一緒?

気になる足の大きさですが、自分の手を足に当てて見てください。足は明らかに違います。それはそうですよね。身長が低くても足の大きい人はいるし、逆もいます。

足は比例しているかもしれませんが、同じではなさそうです。

 

手足の長さと顔の大きさを揃えると見栄えがいい

実践してみました。

トゥース!

顔の近くに手を持ってくるイラストの場合、手の大きさは重要になりそうです。確かに同じくらいの大きさにするとバランスが良さそうです。途中、「ちょっと大きいかな?」と思ったけれど、だいたい同じくらいの大きさになった気がします。

もっと近づけてみました。確かにだいたい一緒くらいです。手は顔の大きさに合わせるとバランスがいいですね!

確かにある作家さんが「手は大きく描く」と言っていました。大きいとかっこいいですよね。顔長のイケメンキャラなどは指先も長いですが、必然的に合わせているんでしょうかね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ちなみに足の長さと顔の長さですが、実際は頭(顔ではなく)よりも大きいようです。

でも実際にいろいろイラストを見てみるとそうなっていないものも多いです。絵柄によって変わるのでしょう。例えば萌えキャラの場合は頭がでかいので、足がそれ以上に大きくなるとおかしいです。

足が小鹿のように小さいキャラもいれば、だいたい一緒かな?というようなキャラもいます。描く人によって決まるのでしょう

ただ、手は今回紹介したようにバランス通りに描いているものが多いので、実践してみる価値ありです。







タグで検索!

描き方, , ,