アニメキャラの正面顔の描き方

描き方

アニメキャラの正面顔の描き方!比率を覚えよう#3

2019年8月10日

 

第3回ということで、今回はアニメキャラの正面顔の描き方を見ていきます。アニメ系のキャラクターも描くのが難しいものです。リアルキャラをデフォルメして描かなければいけないので大変です。

しかし比率を知っていると簡単に描くことができます。比率を知った上で自分でいろんなキャラを研究してアレンジを加えていくと効率よくキャラクターを作ることができます。

今日も早速見ていきましょう!

リアル系の正面顔の描き方#2

前回の記事を見たい方はこちらです。

 

スポンサーリンク

アニメキャラの正面顔の描き方

アニメ系の正面顔の描き方

まずはリアル顔の時と同じように丸と十字線を入れておきます。その中に正四角形を入れておくと、目を描く時と目から耳にかけての奥行きを作る時の参考になります。

今度は①十字線の下に一本線を入れます。②頭のてっぺんにも線を入れます。③アゴにあたる線を1:0.6くらいの間隔で入れます。

キャラクターによって1:0.7や1:0.8に変えましょう。

今度は最初に描いた正四角形を頼りに、縦に2本線を入れていきましょう。正四角形を3等分します。ここに目を入れていきます。サイドにぴったり合わせる必要はありません。だいたい真ん中くらいにバランスよく目を描き入れましょう。

どうせ後で崩れるので、他の場所を描きながらちょくちょく調整していきます。その際目の横ラインからずれないように注意しましょう。

眉毛もその上、最初に描いた青の十字線の上に描いてください。アニメキャラの眉毛はもっと上や下に描いても大丈夫です。今回は青線にのせました。

今度は口の位置を出していきますが、目の中心とアゴを基準にします。リアル顔は眉毛を基準にしていました。しかしアニメ顔は目がでかくなるので、目の中心を基準にしましょう。

目の中心とアゴの真ん中に1:1で線を引いたら、真ん中の線からアゴにかけて3等分します。三等分した一番上のブロックに口を描きます。だいたい上から2番目の線の上くらいに描くといいでしょう。

三等分した線の一番上に口を描いたら、今後は口とアゴまでと等分の距離に鼻を描きます。

アニメキャラの場合は目から下のパーツがキャラによって比率通りではないものも多いのですが、鼻下のパーツがおかしいと表情が変わるので注意です。

口が下すぎたり、上すぎたりすると口周りを動かしている表情になるので、正面から見た普通の顔を描きたい時は注意です。逆にいえば、口周りのパーツの位置を変えることによって表情を作ることができるということですね。

口の位置が決まったのでほっぺを描いていきますが、顔の幅を決めるために最初に描いた丸に縦線を入れていきます。顔幅が決まる線ですので、お好みで決めるといいでしょう。目尻から耳までの距離は長すぎても変なので、上記よりも短くてもいいです。わからない場合は目尻と丸の外側のちょうど半分でいいでしょう。

そしてほっぺを描く時バランスを取るために、黄色の線を交差する場所からアゴまで引きます。

今度はほっぺを描いていきます。正面顔のほっぺの描き方は形が崩れやすいの難しいですが、定規を使って正確に描くといいです。

比率信者みたいですが、いろいろ線を入れておくとブロック化されていくので綺麗に描けます。

ほっぺを線画していきます。正面顔のほっぺは左右でずれやすいので、片っぽ描いたらコピペして、と言う感じで描くと正確です。漫画などの場合はわざと左右対称でないように描く方が味が出たりします。

今度は耳を描いていきます。耳の上の付け根と目の中心は同じラインです。リアル顔と違って鼻下に合わせる必要はありません。耳の大きさは適度にバランスのいいサイズで描きます。

首はリアル顔と違ったアニメキャラの正面顔はずっと細いです。なので、だいたい目の中心や内側を基準にして縦線を入れ、それより内側に描くとバランスがいいです。

キャラにもよりますので、太さはお好みです。

これで関西でもいいのですが、生え際も描いておくとわかりやすいので描いてみましょう。

正面顔の髪の毛の生え際

こんな感じで一応描いておきます。描いておくと前髪の隙間とかサイドの髪の毛の位置とかがちゃんと出るので、把握しておいた方がいいでしょう。

生え際の比率はリアル顔とは違うので、おでこをどれだけ見せたいかで判断して描き込むといいです。

 

まとめ

アニメキャラの比率は本によってや教える人によっても違いますので、自分で世にあるキャラクターの顔の比率を調べて研究するのもおすすめです。

調べていくと比率は千差万別ですので、比率通りに描く必要がないことがわかります。しかし自分で同じキャラを描いたり角度の違う顔を描く時に、決まった比率があると差分しやすいので、比率を使うことは非常に大事です。

リアルキャラの男性と女性の顔のパーツの違いについて#4

次回はこちら。







タグで検索!

描き方,