ashinoegakikata

描き方

足の描き方!あたりの描き方も一緒に見ていこう!

 

今回は足の描き方を見ていきます。足の描き方もやはり最初にあたりを取れれば、あとは細部を観察して煮詰めて行くだけなので、あたりの描き方をちょこちょこと見ていきたいと思います。それでは今日も行って見ましょう!

 

スポンサーリンク

前から見た足の描き方

前から見ると三角形に見えるのが足です。なので、正面から見た場合は三角のあたりを描くといいでしょう。三角形にするのは足の甲が膨らんでいるからです。親指につながる骨と筋肉が伸びているので、親指から小指に下がるように三角が見つけられます。

実際の足を見ながら、足の甲のどこが膨らんでいるか、どこに骨と筋肉があるのかだけでも観察してみましょう。観察したら実際にデッサンしてみて、中心線を入れたり輪切りにして足の甲の膨らみを考えてみましょう。

 

 

後ろから見た足の描き方

今度は足のあたりの後ろから見た時に描き方です。後ろの足の描き方で重要なのは、後ろからみると三角形に見えることです。踵骨と言う骨があり、そこからアキレス腱が足首まで伸びているので、外面からみるとやはりこちらも三角形に見えます。なのであたりは三角に描くといいです。

アニメ風のイラストでもアキレス腱を線で表現したりするので、アキレス腱のあたりも描いておくのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

横から見た足の描き方

横から見た足のあたりの描き方です。横から見た足の描き方の場合は、形をそのまま取れば綺麗なあたりを取ることができるでしょう。横から見ても三角ですね。

足首の太さに対して足の大きさは3倍です。1:3と覚えておきましょう。アニメのイラストではわざと足首を細く描いたりするので、この比率でないことも多いですが、リアルデッサンの場合はこの比率がおすすめです。

 

斜めから見た足のあたりの描き方

前と後ろと横の足の描き方は簡単ですが、斜めから見た足の描き方は足の描き方で一番難しいのではないでしょうか。足のサイドを描かなければいけないので大変です。

サイドが表現できていないと斜めから見た場合はうまく立体感を表現できません。斜めの場合はしっかりと中心線を描き、足の甲を輪切りにするのがおすすめです。

 

足の描き方:靴編

今度は靴を履いた状態の足の描き方を見ていきます。靴を履いた状態で足を描く場合は、まずは足を描いてから靴を描くのか、それともいきなり靴を描いたほうがいいのか、どちらがいいのか迷いますよね?

靴を描く場合はいきなり靴を描くのがおすすめです。描きにくい角度の場合は足から描いてもいいかもしれませんが、あたりの時に靴からいきなり描いてしまうことの方が多くなると思うので、最初から靴から描く方法がおすすめです。

靴はいきなりあたりで描いた方が大きさがわかりやすいのでおすすめです。上のイラストはローファーですが、曲線が多く細かく、形が複雑なので、足をブロックで描くのがいいです。

ローファーはサイドの部分が難しいので特に細かく縦線を入れて、どのように歪んでいるのかを確認してみるといいでしょう。サイドは踏み込むと少しふにっとするので、縦の曲線であたりを描くのがいいです。

他の靴の場合も同じです。スニーカーや上履きなども特徴を捉えるために、いきなり描き始めるよりも、先に形を捉えるために、中心線を入れ、輪切りにしたり、ブロックに分けて考えてみた方がいいでしょう。

あたりの時点で先にブロックにして全体捉えておくと、全体の大きさもわかりやすいのでおすすめです。靴によってどこに曲線があるのか探しながら、いろんな靴を研究するのがおすすめです。

ちなみに靴の描き方はこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

まとめ

足の描き方を見ていきましたが、足は本格的にやるなら筋肉を覚えた方がいいのですが、手や脚、顔や胴体など、いろんなところを勉強しなければいけない初心者の時点では筋肉を勉強して挫折してしまうのも嫌なところ。

なので最初は外面から見た時に、特徴的な筋肉や骨だけを調べてなんの骨や筋肉なのかだけ把握しておくとおすすめです。今回の足の描き方の場合はアキレス腱とか、足の甲の筋肉や骨などを調べてみて、どんな形なのか見てみると言う感じです。

これなら本当に必要なことだけ最低限学びながら、イラストの練習を続けていくことができます。参考にしてぜひとも実践してみてくださいね!

 

 

 







タグで検索!

描き方,