考え方

キャラ似せの為の3つの考え方!簡単な方法があるよ!

2018年11月22日

 

好きなキャラクターを描きたいと思ったけど、キャラを似せて描くのが難しいと思ったことはないでしょうか。いわゆる「キャラ似せ」というやつですが、キャラクターを似せるにはどうすればいいのでしょうか。今回はキャラ似せに使えるなと思ったポイントを3つみていきます。

 

スポンサーリンク

キャラ似せのコツ1:目

 

キャラ似せでもっとも重要なのは「目」だと思います。キャラ似せだけでなく、可愛いかっこいいイラストを描くには目をうまく描くことがもっとも大事だと思います。

逆に目をうまく描けないと、身体をどんなにうまく描けていても、なんとなく「可愛くない」、「かっこよくない」になりがちです。

同じ輪郭と髪型で目だけ変えると全く違うキャラになります。

目は表情を決めてしまいます。目の輪郭や大きさ、まつげ、色などで顔の表情がだいたい決まってしまいます。同じ口をしていても、目が悲しければ悲しい感じになります。

ということはキャラ似せは目を一番重要視して描けばいいということになります。

 

キャラ似せのコツ2:目から顎までの長さ

次に重要なのは目と顎までの長さです。鼻下の長さもキャラ似せでとっても重要な要素です。イラストでよく使われるテクニックですが、目の下の長さが短い方が幼く見え、長くなると大人っぽく見えます。目の下の長さがどれくらいなのかで年齢が決まってしまうことがあるのです。

大人っぽくしたいなら長く顎をキリッと、幼くしたいなら顎を短くするのがおすすめです。

キャラ似せでは大人っぽいキャラなのか、幼いキャラなのか確認してから描くといいでしょう!

 

スポンサーリンク

キャラ似せのコツ3:あご

続いて重要なのは顎の形です。目に続いて顎もキャラ似せする時に似せないといけないポイントです。

顎の角度や形、長さなどが違うとどうしても別の顔になってしまいます。鼻の下あたりから口になるので、補助線を入れて同じくらいの大きさになっているか口部分を囲ってみるといいです。

口の大きさを確認していれば、顎を描いた時に口が大きくなりすぎたり、長くなりすぎたりしないので安心です。首を描く前に口の大きさをしっかり揃えてからやるのがおすすめです。先に首を描くと顎の長さを調整するのが面倒なのです。

 

まとめ

いかがでしたか?キャラ似せのもっとも重要なポイントを見ていきました。キャラ似せをするためにもっとも重要なポイントは結局この3つではないかと思います。

、それから目から顎までの長さ、それから顎の形。この三つを研究して、重点的に似せると、綺麗にキャラ似せできるのではないかと思います。

 







タグで検索!

考え方, ,