クリップスタジオの素材の使い方

クリスタ

クリスタの素材の使い方!ブラシや3Dやオートアクションも

 

ブラシをダウンロードしたけれど、実際にどうやって使うのかわからない、3D素材ってどうやって使えばいいの?オートアクションって?と、クリスタの素材にはいくつか種類があるので、どれをどうやって使っていいかわからないものです。

今回はクリスタの使い方を、ダウンロードの仕方からゆっくり見ていきます。

 

スポンサーリンク

クリスタの素材の使い方1:素材サイトを開く

クリスタの素材サイトの開き方

クリスタの素材サイトCLIP STUDIOを開くには作業画面左上の「CLIP STUDIO PAINT」のメニューから、「CLIP STUDIOを開く」を選択して開きます。

ブラウザの検索窓からも開くことができます!開くとこんな感じのサイトが出てきます。

CLIP STUDIOは作品管理や素材管理、それから今回紹介する素材集が集まっている場所です。ログインして早速素材をダウンロードしましょう!

 

クリスタの素材の使い方2:素材を探す!

今度はおめあての素材を探していきましょう!

左のサイドメニューから「素材を探す」を選択すると、右に検索窓とピックアップ素材が出てきます。

おすすめは人気順で調べることです。CLIP STUDIO PAINTの公式の素材から、個人の絵師さんが自分で作った素材などが公開されています。

これらは全部、基本的に商用利用可能になっています。無料のものと、GOLD(ゴールド)かCLIPPY(クリッピー)と言うクリスタ上のコインを使って購入できるものがあります。

 

スポンサーリンク

クリスタの素材の使い方3:GOLDとCLIPPYとは?

クリスタの素材にはこのように無料のものと有料のものがあります。有料と言っても、お金で購入するのではなく、GOLD(ゴールド)かCLIPPY(クリッピー)で購入します。

ゴールドかクリッピーの残高の確認の仕方

G(ゴールド)とCLIPPY(クリッピー)はマイページから確認できます。G(ゴールド)をクレジットカードかコンビニ払いで購入すると、CLIPPYと言うポイントがもらえる感じです。G(ゴールド)はクリスタ上のお金で、CLIPPYはそのポイントです。

 

GOLD(ゴールド)はどうやって手に入れる?

マイページから購入できます。購入方法は、クレジットカードを使った「オートチャージ」か、クレジットカードかコンビニ払いの単発購入の2種類です。

主要なコンビニでコンビニ払いができるので、子供でも買えます。

 

CLIPPYはどうやって手に入れる?

CLIPPYはお金ではなくポイントなので、CLIP STUDIOを通した創作活動やGOLDを購入するとポイントとして付与されます。

主な受け取り方は以下。

・GOLD会員
・バリュー版ソフトウェア
・素材を無償&有償で提供
・会員からのプレゼント

などの方法です。GOLD会員とは月額200GOLD(つまり200円)でサポートや毎月1500CLIPPY以上もらえたり、CLIPPYが期限がきても失効しません。

バリュー版のソフトウェアを購入してもGOLD会員に無料でなることができるので月々払いもお得です。ソフトの総額は少し高くなりますが。

あとは自分でCLIP STUDIOに素材をアップロードするともらえます。またファンができれば会員さんからのプレゼントでもらえることがもあります。

 

クリスタの素材の使い方3:ダウンロード

早速おめあての素材が見つかったらダウンロードしてみましょう!

素材を選んで開いたら、右上にダンロードボタンがあります。先にログインしていないとダウンロードできないので、シリアルコードを使った時とかに作ったメールアドレスとパスワードでログインしましょう!

「再ダウンロード」と表示されていればダウンロードできたことになります。今度はクリスタの作業画面に移ります。

作業画面の「ウィンドウ」から「素材」から「すべての素材」を選ぶか、右上の矢印ボタンでも開くことができます。

すると先ほどダウンロードした素材が「ダウンロード」の項目に入っています。

たまに入っていないことがありますが、通信環境を利用してダンロードしているので、通信状態によって遅れることがあります。
自分の通信環境がよくてもCLIP STUDIOのサイトが時々動作が重いことがあるので、遅れることがあります。そうした時は待つか、「すべての素材」とか「単色パターン」とかの項目をぽちぽち押して戻ったりすると読み込みます。

できない場合は、作業画面を一度閉じて、開き直すかするとダウンロードされています。

今回ブラシ素材をダウンロードしましたが、ブラシの場合は作業画面のペンツールのどこかに自由に入れることができます。ドラッグアンドドロップでクリックしたまま持っていくとファイルに入れることができます。

入れられる場合はこの緑の+マークが出ます。

ドラッグアンドドロップが以外でも、下の項目から素材をしかるべきところに自動で追加してくれます。ブラシを入れる場合、ブラシの入れたいファイルを選択した状態でクリックすると一番下に追加してくれます。

オートアクションやパレットに表示させるモデル人形とかもここをクリックすると追加できます。

ちなみにツールパレットの下にも同じマークがあるので、ここからも追加することができます。

 

クリスタの素材の使い方4:消したい時

サブツールの削除

いらないな、と思ったら削除しましょう!いらないツールを選択した状態で、左上の矢印ボタンをクリックした「サブツールの削除」で削除することができます。

 

クリスタの素材の使い方5:その他の素材

ブラシ素材以外にも、3D素材やオートアクションといった素材もクリスタにはあります。

3D素材は学校の教室などの3D素材で、360度あらゆる角度から見ることができる立体素材です。オートアクションはレイヤーのタブメニュー(上の切り替えメニュー)に入っていますが、複数の作業を一回にまとめて行うことができる機能です。

例えば「選択して囲む→削除→新規作成」などといった一連の動作を保存でき、繰り返す面倒を省くことができます。このオートアクションを素材として提供してくれているイラストレーターさんとかもいるのです。

 

3D素材の使い方

お部屋なんかの3D素材があり、あらゆる角度から見ることができるので非常に便利です。この素材の使い方もぜひとも覚えておきたいところです。

こんな感じのお部屋の素材をいろんな角度から見ることができます。パースもかけれて、線画にできて、とりあえずなんでもできます。学校の素材とかもあるので、非常に使い勝手がいいです。

使い方としては、ダウンロードして同じように作業画面にドラッグアンドドロップですが、ヴァージョンが1.80以上でないといけないので、「最新版をダウンロード」からダウンロードする必要があります。

 

オートアクション素材の使い方

オートアクションはレイヤーと同じタブの中にあります。一番右のタブメニューです。

実際に素材を使ってみないとわからないかもしれないので、下の記事のオートアクションのコーナーを参照にしてください!

無料かい!秀抜すぎるクリスタで使える素材まとめ30(商用利用可)

 

スポンサーリンク

素材をダウンロードする時はメモリに注意

素材をダウンロードする時はメモリに注意しましょう!3D素材などは結構メモリを使うと思うので、動作が重くなりそうだと思ったら、ダウンロードしない方がいいです。

クリスタの素材は普通のパソコンならそんなに重くないですけど。

 







タグで検索!

クリスタ, ,