クリスタのフォント一覧を分ける

クリスタ

クリスタのフォント一覧を使いやすくする方法まとめ!

 

クリスタのテキストツールに表示されるフォント一覧って、検索機能がないので探しにくいですよね。

今回はこのクリスタのフォント一覧を使いやすくする方法と、おすすめのフォントをまとめてご紹介します!

 

スポンサーリンク

クリスタで使えるフォント一覧を使いやすくする方法

今まで使ってきて、一番使いやすいなと思った方法をご紹介します。

  1. ファイル分けする
  2. フリーフォントをメインに使う
  3. 既存のフォントを整理する

既存のフォントを探して使うのは探すのが大変で、好みのものを自分で探して使うのが大変なものです。なので筆者は初めから外部でダウンロードしたフリーフォントをメインにつかっています。

しかしクリスタのフォント一覧にも素敵なものが多いので、そうしたものをファイル分けして整理すると、検索機能がなくても便利になります。今回はそうした方法を以下で見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

クリスタのフォント一覧はファイル分けして使う

先ほども見たように、クリスタのフォント一覧には検索機能がないので、自分で使いたいフォントをファイル分けしなければいけません。ファイルの分け方を見ていきましょう!

クリスタのフォントをファイル分けする

テキストツールの中にあるフォントを選択すると、フォント一覧が表示されます。そのフォント一覧の下にあるギザギザネギのマークをクリックするとフォントをファイル分けすることができます。

クリスタのフォントのファイルを分ける

左下の「A」のマークをクリックして新規フォルダを作成し、お好みで名前をつけます。作ったファイルに右のフォント一覧からチェックを入れてお好みのフォントを入れていきます。

クリスタのファイル分け

作ったファイルはテキスト選択画面で、下に表示されます。こうしておけばいつでも使うものをすぐに引き出すことができます。

こんな感じでファイルは何個も作ることができるので、よく使うものをファイル分けしていくのです。ゴシック体や明朝体など、クリスタのフォント一覧に複数入っているフォントを分けておくのもいいでしょう!

クリスタのフォント一覧を便利に使うのに大切なテクニックですので、「ファイル分け」機能はぜひ覚えておきましょう!

 

クリスタのフォント一覧ではなくフリーフォントメインで使う

個人的にはクリスタのフォント一覧から選んで使うのではなく、フローフォントをメインに使っています。

明朝体なら明朝体でいい感じのフリーフォントを探してきて、それをダウンロードして使っています。その方が既存のフォントを使うよりも可愛かったり、綺麗であったり、見やすかったりします。

 

クリスタで使えるフリーフォントを探す

クリスタでおすすめのフォント

クリスタで使うことができるフリーフォントはたくさんあります。たとえば個人的におすすめなのはこんなものです。

  • ラノベPOP
  • 美し明朝体
  • ロゴタイプゴシック
  • ふぉんとうは怖い明朝体
  • 飴色ゴシック
  • イワタアンチックB

これらのフォントはクリスタとは関係のない外部のサイトから自分でダウンロードしてきた、クリスタのフォントファイルに追加して使うことができます。上部のものは無料で使うことができる上に、商用利用も可能です。

追加方法は前回記事にまとめたので参考にしてみてください!

クリスタのフォント追加方法!ダウンロードから解説する

上部に示したフォントに関しては、グーグルなどの検索窓から検索していただけると公式サイトにいくことができるのでそちらからダウンロードすることができます。

 

スポンサーリンク

クリスタのフォント一覧を整理する

続いてダウンロードではなく、既存のフォントを整理して使う方法をご紹介していきます。既存のフォントは英語系のフォントがほとんどですので、日本語系のフォントと、英語フォントで大きく分けるのがおすすめです。

 

人気のフォントで分ける

フリーフォントのゴシック

あとはゴシック体や明朝体、ヘルベティカ、黒体などのおなじみのフォントをまとめておく方法です。

人気のフォントを組み合わせて作ったフリーフォントや、もっとおしゃれな明朝体などがあるので、ダウンロードで追加したらそのファイルに入れていく、という感じがおすすめです。

上記の写真の通り、ゴシック体だけでもかなりのフリーフォントがあります。こうしたものどんどん追加してファイル分けしておくのがおすすめです。

 

独自の分け方

おすすめの分け方

または薄いフォント、太いフォント、文字幅が広いか狭いか、など、独自の整理方法でもいいでしょう。

フォントによって文字幅が違ったり、太字であったり、英語ならセリフ体やサンエリフ体だったり、細かく分けると非常にたくさんあります。こうしたものを自分の分類で分けていく感じです。

上記の写真をは「薄い・細い英字」を分けています。ヒラギノなど、フォントによってレギュラーサイズやボールドサイズがあります。W1〜W6などの細いサイズ分けてされているものもあります。こうしたものを集めてファイル分けしていくのです。

 

フォントの分け方の例

分け方の例としては以下の通りです。

  • 日本語
  • 英語
  • 細字
  • 太字
  • 視認性が高い(読みやすい)
  • 明朝体
  • ゴシック体
  • ヒラギノ
  • 楷書
  • 手書き
  • 筆記体
  • イタリック
  • 漫画のセリフ使うもの

テキストに使う系のフォントは、文字を小さくしても綺麗に見えるものをインストールするなどして使うのもおすすめです。

あとは「漫画のセリフに使うもの」を分けておくのもおすすめです。仕事などで行う場合はあらかじめ字体が決まっているものですが、同人誌やツイッターに載せるものなどは自由に使うことができます。

例えば「イワタアンチック体B」などは漫画に使えるフォントとして長い歴史があります。こうしたものをダウンロードして使うのもおすすめです。

「イワタアンチック体B」をインストールして使ってみよう!

文字を小さくしても見やすい「イワタアンチック体B」は漫画制作に人気のフォントの一つです。

 

クリスタのフォント一覧でおすすめのフォントの分け方

自分で探すのが大変という人のために、今度は筆者が使ってみてよかったと思うクリスタの既存のフォントのおすすめをご紹介します。

  • 明朝体
  • ゴシック
  • ヒラギノ
  • レギュラー
  • ボールド
  • イタリック

こんな感じで分けておけば使いやすいのではないでしょうか。筆者が分けている様子をちょっと見ていきましょう!

 

明朝体

既存の明朝体

既存の明朝体です。クリスタに入っている明朝体はあんまりないので、筆者の場合はダウンロードして使っています。

游明朝体などはおなじみのフォントですが、綺麗で使いやすいのでおすすめです。

  • ヒラギノ明朝体
  • 游明朝体

 

ゴシック

ゴシック

よく使うゴシックはこんな感じです。クリスタのフォント一覧の中でよく使うものを「ゴシック」のファイルを作ってまとめています。入っているフォントは以下の通り!

  • ヒラギノ角
  • 筑紫A丸ゴシック
  • 游ゴシック

ヒラギノは字游工房という会社が作ったフォントで、明朝体などもあります。綺麗でみやすいので、テキストに使ったり、これを元にロゴを作ったり、フォントを元にした背景のデザインなどにも活用できるでしょう。

ゴシック体の漢字書体の仲間である「黒体」や「アンチック」などを追加してもいいでしょう。(黒体はクリスタの既存のフォント一覧に入っていますね。)ゴシック体はフリーフォントの種類も多いので、集めていくとさらにファイル分けが必要になってくるかもしれません。

 

レギュラー

英語のフォントの場合はだいたいレギュラーかボールド、またはレギュラーとセミボールドとボールドなどの複数の太さのフォントがあります。

このレギュラーサイズだけ分けていく感じです。レギュラーサイズは説明文などのテキストを作成に使う人は分けておくといいでしょう。

 

ボールド(太字)

ボールドで分ける

クリスタの既存のフォント一覧には、ボールドはこんな感じでかなりの数があります。英語のボールドと日本のボールドで分けるといいでしょう。あとイタリックはイタリック、という感じで分けるのがおすすめです。

ボールドはロゴの作成に使うことができるので、ロゴやタイトルなどを作ることが多い人はまとめておくといいでしょう。

 

イタリック

イタリック体もクリスタのフォント一覧にたくさんあります。これもある程度まとめておくと便利です。

筆者はイタリック体をほとんど使わないので、まとめないでそのままにしています。

 

 

スポンサーリンク

クリスタのフォント一覧を快適に使おう!

クリスタのフォント一覧の使い方がわかってきたでしょうか?基本はファイル分けしておくということです。自分で「これ気に入った!」というものがあったら、ぜひともメモしておき、ファイルに入れて使ってみてくださいね!

 

タグで検索!

クリスタ,