クリスタの値段まとめ

クリスタ

クリスタ(クリップスタジオペイント)の値段まとめ!

2020年2月20日

 

クリスタこと、クリップスタジオペイントの購入を検討している方のために、値段をまとめて見ていきます。どの値段のものを購入すればいいのかも見ていきますよ!

注意:2020年4月8日(水曜日)にバリュー版の新規購入の受付が終了してしまいました!!以前からバリュー契約をしていた方は継続して利用できるようですが、2020年4月8日以降は新規契約ができず、新しい料金プランになっています。
すでに契約されていた方で契約が途切れたけど再開したい方は、以前の契約通り1ヶ月以内なら、創作支援サイトからマイページ>ご契約状況にて契約再開できるようです!購入し直さないように注意です!

*ということで、以下のバリュー版に関しては以前の内容になります。料金体系を調べ直して、修正中でございます..。

スポンサーリンク

クリップスタジオペイントの値段まとめ

製品 種類 値段
DEBUT   無料特典
PRO パッケージ版 9,200円
  ダウンロード版 5,000円
  バリュー版 月額500円(5,500円)
EX パッケージ版 37,200円
  ダウンロード版 23,000円
  バリュー版 月額500円(25000円)/1000円(24000円)

クリスタのシリーズの値段をまとめると上記の通りです。

これから詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

クリスタDEBUTの値段(無料)

クリスタのDEBUT版はクリップスタジオペイントPROの廉価版です。Pixivのプレミアム会員になると無料で贈呈されます。また、中学生や高校生向けのイベントやイラストコンテストの応募によってゲットできます。

クリップスタジオペイントDEBUTの入手方法を見ていきましょう。

 

ピクシブのプレミアム会員

Pixivのプレミアム会員でお値段無料でもらえます。

プレミアム会員は人気順位検索や広告の非表示など、様々な特典があります。イラストの投稿者はアクセス解析もできてマーケティングにも役立ちます。お絵かき講座も無料で見ることができて便利です。

 

支払い方法

1ヶ月払いで550円で、12ヶ月払いだと458円です。クレジットカード以外に、銀行のカードで登録できるPayPal(ペイパル)での支払いに対応しています。クレジットカードがなくても、PayPalなら一ヶ月から入会できます。

つまり、月550円でクリスタPROの廉価版、DEBUTが手に入ることになります。もっとも安い値段でクリスタを手に入れる方法です。

ちなみにプレミアム会員になると上位版のクリスタPROが500円割引で購入できます。

 

タブレットやPCの購入

ペンタブレットやタブレットPCの購入の時に、クリスタDEBUTがついてくる場合があります。特典の対応機種は時期によって変わりますので、公式サイトにて特典がつく機種を探して買うのがおすすめです。

 

イベント

中学生や高校生向けに開催されている東京ビッグサイトなどのイベントでゲットできます。もちろん値段は無料です。また、専門学校の進路相談会などでももらえることがあります。物を買わなくても手に入るのでお得です。

コンテスト

イラストコンテストに応募することによってもらえることがあります。クリスタの公式イベントですので、お値段もかからず、タダでゲットできます。

 

クリスタProの値段(5000円〜)

クリスタのPROはイラスト制作を中心に行う人におすすめのお買い得のソフトです。漫画やアニメーションに適したEXの一個下のソフトで、主にイラスト専門で行う人に適したモデルです。

ダウンロード版の購入なら5000円、パッケージ版の購入なら9200円で購入できます。

 

ダウンロード版(5000円)

ダウンロード版はクリスタの公式サイトでお値段5000円で購入できます。イラスト制作に関する機能を網羅したクリスタの中で、もっともお値段がお得なモデルです。

EXのアップグレードも差額分のお値段を支払えば購入可能です。PROかEXに迷っている方は、まずはPROで試して見るといいでしょう。

 

パッケージ版(9200円)

パッケージ版はスタートアップガイドやインストールガイドがついている箱タイプです。ちゃんと箱で購入したいという方におすすめのモデルです。お値段は9200円とダウンロード版よりもお値段が4200円高い計算になります。

公式サイトから購入すると送料のお値段は無料なので、ダウンロード版と同じように買いに行く手間賃がかからないのがいいところです。

 

スポンサーリンク

クリスタEXの値段(23000円〜)

クリスタの中でも最もお値段が高いモデルです。最上位版のEXはPROのアップグレード版として、漫画製作時の細かいファイルや一括でセリフを入れられる機能や、本格的な長尺のアニメーションの制作が可能になります。

写真で撮影した画像を、漫画のトーン変換ができ、そのまま漫画の背景に使えます。

ダウンロード版が2万3000円で、ば掲示板が37200円です。

ダウンロード版(23000円)

公式サイトからダウンロードができ、送料などもかからないのでもっとも安い値段で購入できます。

スタートアップガイドなどは公式サイトで見ることができ、ダウンロード版で十分でしょう。

パッケージ版(37200円)

パッケージで欲しい場合は公式サイトから送料無料で、お値段37200円で購入できます。クリスタの値段で最も高いのはこのEXのパッケージ版ということになります。

 

クリスタProバリュー版の値段

クリスタには一括でなく、月額払いのバリュー版もあります。一回で購入するにはお値段が高という場合は、月々で買うのもおすすめです。

ダウンロード版を月払いで500円から購入できます。

PROのバリュー版は月額500円の11回払いです。つまり合計は5500円のお値段になります。総額のお値段が通常のダウンロード版よりも500円高い計算です。

 

支払い方法

支払い方法はクレジットカードと銀行振込、コンビニ払いができます。公式サイトからマイページにログインし、コンビニ払いを選択し受付すると、認証コードがもらえます。コードを持ってコンビニで支払いが可能になります。

総額の値段が500円高くなりますが、一括の値段に躊躇されている方におすすめです。

 

スポンサーリンク

クリスタEXバリュー版の値段(500円〜)

クリスタEXも月額払いのバリュー版があります。EXはダウンロード版でも23000円ですので、お値段が高いので躊躇するところです。

月額払いならば、月々500円の50回払い・合計2万5000円か、月々1000円の24回払い・24000円で購入できます。合計の値段が1000円か2000円高くなりますが、一括で購入しなくて済むのでお得です。

 

注意:PROもEXもバリュー版での購入の場合は、1ヶ月支払いが滞ると分割で支払ってきた金額がチャラになってしまうので、注意も必要です。払い忘れがないように、銀行振替などにしておくことをおすすめします。

 

どの値段のクリスタを買えばいい?

  • 値段が安くて描ければいいならDEBUT
  • プロ仕様でイラスト専門ならPRO
  • プロ仕様の漫画とアニメもやるならEX

どの値段のクリップスタジオペイントを買えばいいかまとめると、上記の通りです。今度はそれぞれの違いを見ていきましょう。

クリスタが値段が最も安いのはPROです。DEBUTはプレミアム会員で500円で購入できましたが、本格的なイラスト制作をするならDEBUTよりもPROがおすすめです。

 

PROとDEBUTは違い

基本的な違いは、PROはDEBUTよりも機能が追加されます。

主な追加機能:定規・ベクター描画・オートアクション・コマ枠と吹き出し・CMYK出力・ツールのカスタマイズ

メモ:
ベクター描画は線画作業が便利になります。CMYK出力は印刷物にする場合に必要な出力方法です。同人誌などの印刷やコンテストの応募などはCMYK出力での提出になることが多いです。
ツールのカスタマイズはペンをカスタムできます。

 

EXとPROの違い

今度は最上位版のEXとPROの違いを見ていきましょう。値段が2万円近く違いますが、EXは漫画制作とアニメーション制作が本格的に行えます。

主な追加機能:複数ページ管理・複数人で共同作業・プロ向けのアニメ制作・追加プラグインの読み込みなど

細かい機能がいろいろありますが、大きな違いはマンガ制作における複数ページの管理と、長尺のアニメーション制作だと思います。

メモ:PROでも漫画とアニメが作れますが、漫画は一つのファイルに複数枚のページを入れることができないので、一枚一枚ファイルを開いてPC上に保存していくことになります。修正が大変になります
アニメ制作は長尺でのアニメの制作が可能になり、プロ仕様でのアニメ制作や短編〜長編を作るならこちらがおすすめです。うごイラだけならPRでも大丈夫です。

 

PROとEXはどうしてこんなに値段が違うのか?

クリスタのPROとEXはかなり値段が違います。実はどちらもイラスト制作は本格的に行うことができ、イラスト制作に関してはほとんど変わりません。なので、イラスト専門で行いたい、Twitterにあげるような簡単な漫画を作りたい場合は、PROで十分でしょう。

しかしEXはPROと違って、「ストーリーエディタ」と呼ばれる漫画ページの管理ができます。具体的に説明すると、原稿用紙を全て作業画面に出して、作業ができます。お話の最後に行ったり初めに行ったりして作業ができます。セリフも作業画面内で全話分を一括で入力ができます。

一括で管理できると後から修正が楽で、原稿の見直しが楽になります。つまり、同人誌や長編の漫画を制作するとなるとEXがおすすめになります。

 

結局クリスタはどれを買えばいい?

クリスタの値段をそれぞれ見ていきましたが、最も安いのはDEBUT・PRO・EXの順番でした。イラストだけ行うなら値段が中間のPROで、作業効率が良く漫画制作をするならEXがおすすめです。アニメーションを勉強して行くならEXがいいでしょう。

DEBUTもPROとEXも本格的なイラスト制作ができます。PROとEXで大きく値段が違いますが、プロ環境の漫画制作とアニメーション制作のソフトが一緒に入っているというのは相当なコストがかかるのでしょう。

値段が高いと悩んでいる方はバリュー版での購入もおすすめです。

 

タグで検索!

クリスタ,