コピック全色集める方法

コピック

コピック全色とかどうやって集めるんだおwww

 

やっぱり「コピックを全色集めたい!」そんなこと思ったことはありませんか?

でも一体コピックを全色集めるのにどれくらいのお金がかかるのでしょうか?スケッチとチャオやクラシック、そしてワイドの種類があるコピックは、どのように買っていけばいいのか悩むところです。

今回はコピックを全色集める方法と、値段、節約した時の値段などを見ていきます。

 

スポンサーリンク

コピック全色集めるのは簡単だった!

実はコピックの公式販売店のtools(トゥールズ)で全色セット販売していました。

公式サイトではコピックのスケッチ全358色を¥134,680で販売しています。一本ずつ購入していくと合計で¥149,644になるので、14,964円安いです。10%以上安い値段で購入できるというわけです。

痒いところにヒジまで届きそうです。13万5000円で購入できるなら買ってもいいかな〜と思いますよね。

いや、でも13万だとMacBookとiPadが中古で2つ購入できるし、原付も安い新品が購入できます。むしろ液タブが購入できます。なので、やっぱりまだまだ高い気がします。学生さんなら一ヶ月分の給料、社会人なら初任給の半分くらいは使ってしまう計算になります。

もっといい方法が欲しいところです。

 

スポンサーリンク

コピック全色はセットで買っていくものらしい

「コピックスケッチ 単品全358色集めてみました」と言われても、購入は悩むものです。「甘栗むいちゃいました〜」くらいに言われても困ちゃいます..。

でもそもそもコピックは全色必要なものなのでしょうか?

 

コピックはセットで買っていくもの

コピックの公式サイトを見るとコピックスケッチもコピックチャオもセットで販売されています。販売されているセットはA〜Eまでの36色セットが5セットと、72色セットがAとBの2セットです。

  • 36色セットA(9000円)
  • 36色セットB(9000円)
  • 36色セットC(9000円)
  • 36色セットD(9000円)
  • 36色セットE(9000円)

36色セットはA〜Eまであり、5つを購入するとコピックチャオが全色揃う計算になります。

  • 72色セットA(18000円)
  • 72色セットB(18000円)
  • 【36色セットE(9000円)】

先ほどの36色セットAとBを合わせた72色セットAと、36色セットのCとDを合わせた72色セットBも売っています。この2セットにプラス36色セットEを購入すると全色揃います。

 

メモ:コピックチャオは全180色。コピックスケッチは全358色。

このようにコピックはセット販売されているので、セットで買っていくと簡単に全色が揃うことになります。コピックチャオだけでなく、コピックスケッチも同じようにセット販売されています。

 

スポンサーリンク

コピックチャオをセットで全色集める

コピックチャオを全色集める

コピックチャオは全部で180色です。合計で45,000円です。全部集めるには36色セットを5セット購入するか、72色セットを2セット購入することです。

 

36色セットで集める

  • 36色セットA(9000円)
  • 36色セットB(9000円)
  • 36色セットC(9000円)
  • 36色セットD(9000円)
  • 36色セットE(9000円)

A・B・Cはそれぞれ暖色系や寒色系を集めた基本セットです。D・Eは追加セット分です。なので、A〜Cまであると基本的な色が揃うようになっています。全色は合計で45,000円ですが、A〜Cまでなら27,000円です。

 

72色セットで集める

  • 72色セットA(18000円)
  • 72色セットB(18000円)
  • 【36色セットE(9000円)】

72色セットで集めていく場合、先ほどの36色A・Bを含んだ72色Aと36色C・Dを含んだ72色Bの2つと、36色Eを購入すると全色集まります。これなら3回に分けて購入すればコピックチャオ180色が集まることになります。

 

コピックスケッチをセットで全色集める?

コピックスケッチで全色集める

実はコピックスケッチにはセット販売で全色を集めることができません。セットは一応販売されていますが基本カラーを抑えたセットのみになります。

  • ベーシック12色セットA(4,560円)
  • ベーシック12色セットB(4,560円)
  • ベーシック12色セットC(4,560円)
  • ベーシック24色セット(9,120円)
  • ベーシック36色セット(13,680円)

現在販売されているのは(2020年2月末)この通りです。確か昔はコピックスケッチはセットがなかったのですが、近年ベーシックセットという形で販売されるようになりました。

先ほどのコピックチャオと一緒で、12色A・B・Cで最後の36色セット(13,680円)が揃うという形です。

 

コピックはセットで集めるとお得?

1本ずつ買うよりも、セットで買っていくメリットはなんでしょうか?

全色集まるのはコピックチャオだけですが、スケッチのセット販売も「塗り方解説書」がついてきてお得だったりします。

 

コピックをセットで集めるメリット

  • 有名作家さんの作った「使い方テクニックガイド」付き
  • 買い間違えがなくなる
  • 関連性の高い色が揃って選ぶのが楽になる

コピックはセットで全色揃えると「使い方テクニックガイド」が同封されています。シーズンによって同封されているものは変わるかと思いますが、今はコピックイラストの作家さんが作った塗り方ガイドがついてきます。

また、一本ずつ買っていくよりも、セットの方が関連性の高い同じ系統色が入っているので、色選びが簡単です。コピックは2本以上塗り重ねて使いますが、似た系統の色がはじめから揃っているので、色を選ぶのが簡単です。

 

スポンサーリンク

コピックを一本ずつ全色集める?

でも一本一本ゆっくり集めていく楽しみも捨てがたいものです。兄が作った新聞紙のドラゴンボール30個を集めに走った時代が懐かしいです。コツコツ集めていくのって、達成感がありますよね!

一本一本集めていくとどれくらいの値段と日数になるのでしょうか?

 

コピックを全色一本ずつ集めると値段はいくら?

  • コピックチャオは全色180色で45,000円
  • コピックスケッチは全色358色で149,644円(134,680円)

コピックチャオは全色スケッチにもあります。なので、スケッチを買えばコピックの全色が集まることになります。チャオは丸型のペンで、スケッチは楕円形です。楕円形で全部揃えるならスケッチで一本一本集めていくといいでしょう。

 

コピックを全色集めるならスケッチか?チャオか?

全色を集めていくならスケッチかチャオのどちらがいいのでしょう。スケッチが基本モデルで、チャオはエントリーモデルです。でも形と分量以外はスケッチもチャオも同じです。

 

コピックスケッチとチャオの違い

  コピック チャオ コピック スケッチ
全色 180色 358色
値段 各250円 各380円
総額 45,000円 149,644円(134,680円)
分量 B4サイズ紙・2.7枚 B4サイズ紙・3.7枚
円形 楕円形
  • B4サイズの紙一枚分塗れる量が違う
  • チャオは円形で、スケッチは楕円形

大きな違いはこの2点かと思います。形が気になる方は全色スケッチで集めていくのがいいでしょう。

塗れる分量もB4サイズ一枚分違います。インク補充剤で補充すればそんなに気にならないかもしれませんが、インクの補充剤のバリオスインクを380円で一本一本買っていくとなるとそれなりの金額になります。

 

ポイントはこんなところでしょうか。

 

コピックは全色集めなくていいかも!集め方まとめ

全部集めると10万以上はかかりますが、必要な色を集めるだけでも十分かと思います。コピックチャオでカバーされている180色あれば個人的には十分かと思います。お得に買っていくなら、コピックチャオをセットで全色買って、必要な色をスケッチで買っていくのがお得かと思います。

 

コピックチャオのセットと必要な色をスケッチで

基本カラーをカバーしているチャオをセットで5セット買って180色揃えた後に、必要な色をスケッチで集めていきます。

 

コピックチャオとスケッチを一本ずつ買っていく

また、好きな色をチャオとスケッチで一本ずつ買っていくのもおすすめです。スケッチとかぶっている色はチャオで買っていき、好きな色をぼちぼち買っていく方法です。

 

コピックスケッチだけで一本ずつ買っていく

同じデザインで買っていきたい方は、コピックスケッチで好きな色だけ集めていくのもおすすめです。

 

コピックを全色集める方法はわかった?

全色集めるのは結構大変ですよね。全色必要ないとわかっていても、なんか全部集めたくなるものです。今は全色集められないけれど、いずれは全色集めたいという方は、一本ずつコツコツ集めていくといいかもしれませんね!

筆者はちなみにかぶっている色はチャオで買い、スケッチやクラシックやワイドなど、欲しい色を適当に買っていっています。ない色は絵の具や水彩色鉛筆で代用したりしています。

 

タグで検索!

コピック,