デッサン鉛筆の選び方

画材

デッサン鉛筆の選び方!まずは有名な3大メーカーを選んでみる

 

イラストを描くくらいなら必要ないかな?と思い、筆者はデッサンの方法を学校などで学んだ事がありません。

しかし絵を描いていくと、デッサン崩れや肌塗り、影入れなど、デッサンを知っていた方が問題がすぐ解決するだろうと思うことがよくあります。

ではまず、デッサンの鉛筆を買いに行こう!という事で、デッサンの鉛筆について調べてみました。

 

スポンサーリンク

デッサンで使われる鉛筆はどれ?

デッサンで使う鉛筆はどれ?

鉛筆にはH(ハード/薄い)・F(ファーム/しっかり)・HB・B(ブラック/黒)の種類があり、それぞれから数種類をお好みで選んで使います。

 

最初は2H・H・HB・B・2Bあたりがおすすめ

一概に言えませんが、普通の画用紙などに描くなら、初心者の方はまずはこの5本あたりを買っておくと良いでしょう。
HやHBやBは文房具屋さんにも売っているので、持っているなら2Hと2Bだけあると良いかもしれません。

2Hと2Bはあった方が良いかも

実際に使ってみると、HとHBとFあたりは違いが少ないので、どれかで良いかな..と思いました。

しかし2Hと2Bは濃さが大きく変わるので、この2本はあった方が良いと思います。

その後はお気に入りの濃さを探していく

基本のデッサン鉛筆を買ったら、「もっと薄いの欲しい」、「もっと濃いのが欲しい」となってくるでしょう。

また、キャンバスや紙の種類によって適しているデッサン鉛筆もあります。

用途や好みに合わせて、2H以上や2B以上の硬度を探していくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

デッサン鉛筆には種類がある

デッサン鉛筆の種類

デッサン用の鉛筆には種類があります。文房具屋さんにはHBやBくらいしかありませんが、デッサンで使う鉛筆は大きく分けてH・F・Bの三種類です。

それぞれ芯の硬さによって分けられています。

 

H・F・HB・ Bの意味

H(ハード=硬い)・・芯が硬い/色が薄い
F(ファーム=しかりとした)・・中間/普通
HB・・HとBの中間
B(ブラック=黒い)・・芯が柔らかい/色が濃い

(10H)・9H・8H・7H・6H・5H・4H・3H・2H・H・F・HB・B・2B・3B・4B・5B・(6H)・(7H)・(8H)・(9H)・(10H)

日本のJIS規格で定められている鉛筆の種類は9H〜5Bまでの17種類です。メーカーによって(ハイユニなど)は10H〜10Bまであり、全部で20種類以上になります。

H・F・HB・ Bの用途

H・・色が薄く、硬いの、力を入れても折れない。薄いので下書きにも使える。薄すぎると光に反射して見えない。ペン入れ前の下書きに良いかもしれません。
F・・HとHBの中間の色です。基本の一本。HBと似ているので、なくても良いかも。
HB・・中間。基本の一本。Fを使っても良いかも。Fと使い分けしてみるのがおすすめ。
B・・2B〜5Bは特に芯も太く、色も濃い。影を付けながらデッサンができる。柔らかいので芯が折れやすい。

あたりは太い鉛筆を使え。と宮崎駿さんがなんかのドキュメントで言っているのをみた事があります。

太い鉛筆とはBの事なので、濃い鉛筆の事です。濃い鉛筆は濃淡がつき、一本で影を表現でき立体的になります。線も太くなるので、あたりを取りやすいのです。また、トレース台を使ったりするので濃い色使うという理由もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

デッサン鉛筆の有名なメーカー

おすすめのメーカーなど

・ユニ(uni)
・ハイユニ(Hi-uni)
・ステッドラー(STEADLER)

日本でよく好まれて使っているのはこの3種類です。3大デッサン鉛筆と言ってもいいかもしれません。

それぞれの違いについて見ていきましょう。

 

ユニ(uni)・・日本/三菱/9H〜6H(17種類)

 

*このように2Hがたくさん入った紙箱で販売されているようです(2020年5月現在)。

3大デッサン鉛筆の中でも、もっとも安価なデッサン鉛筆です。筆者も最初はこちらの鉛筆を世界堂で購入しました。

安いので、こだわりがなければ初心者の方はこれで良いかな、という気もします。

 

ハイユニ(Hi-uni)・・日本/三菱/10H〜10B(22種類)

*ハイユニは硬度の違う鉛筆が入ったセットで販売されています。

ユニよりもお値段が高く、グレードアップ版と行ったところです。頭に金帯が巻かれておしゃれで、ユニよりも描きやすい・綺麗などの評判があります。初心者から上級者まで幅広く使われています。

 

見た目がかっこいい

人気の理由はやはり和風のカッコよさではないでしょうか。学徒っぽいというか、帝大受験しますけど、何か?みたいな..。

質がいい

いい木といい芯を使っているようです。三菱が誇る高級鉛筆で、デッサン以外にも製図やデザインなど幅広く使われています。

発色がいい

ユニとハイユニは一見違いがわかりません。どちらも文具やアートで使えるように開発されています。
使っていくと違いがわかると言いますが、私にはわかりませんw。

初心者の方は見た目・種類の豊富さで判断して、好みで選ぶといいでしょう。

芯が折れにい

ユニとハイユニ、どちらにも言えますが、質がいいので、芯が折れにくいというメリットがあります。柔らかいBとかは、持ち運ぶと中で芯が折れてしまうので、削っていくうちになくなってしまう問題があるので、嬉しいです。

プレゼントに使える

綺麗な箱に入っていたり、記念商品が出たりと、ラインナップが豊富です。なので、プレゼントとしてあげるならハイユニのセットがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

ステッドラー(STEADLER)・・ドイツ/ステッドラー/10H〜12B(24種類)/¥176

硬度の種類が多く、濃淡の表現が広がると評判です。カーボン芯かグラファイト芯(新7Bと8B)を採用しています。

カーボン芯はマットな感じで、グラファイト芯は艶感や光沢感がある滑らかな芯です。鉛筆の芯の質は改良されているようなので、買う時に随時調べてみるといいでしょう。

 

伝統色は実は「赤」

青のイメージが強いステッドラーですが、実は元々は赤い鉛筆で販売されていました。1835年操業なので、メーカーは150年以上の歴史があります。

人気は青のマルス・ルモグラフ ¥176

ステッドラーと言っても、鉛筆には種類があります。デッサン鉛筆でよく選ばれているのは「マルス・ルモグラフ」と呼ばれる青色の物です。一本175円と少し高めです。

ステッドラーは種類がいっぱい

よくある青のマルス・ルモグラフの他に、黒のマルス・ルモグラフもあります。これは光沢が木炭風の表現ができるようです。
青と黒の2種類のセットも販売されています。

 

デッサン鉛筆は結局何を選べば良い?

結局、デッサン鉛筆は何を買えばいいのか迷うところです。できれば上述した3メーカーの鉛筆を試してみて欲しいところですが、こだわりがないならば安価でどこにでも売っているユニを選ぶといいでしょう。

 

全部使ってみる?

たしかに全部使うのは大変ですが、お金がある人はいろんな画材を試してみるといいかもしれません。
筆者も使っているうちに、イラスト制作の時はこの鉛筆で、リアルデッサンをする時はこの鉛筆だな、というのがあります。

自分がポイントにしているのは以下の通りです。

・紙と鉛筆ののり
・時間がたった後の発色
・カメラの写り具合

このように、いろいろ使っていると、自分だけのポイントがわかってくるのだとと思います!

美大生や予備校生の場合

美大受験についてはよくわかりませんが、幅広い濃淡の鉛筆を複数個用意して試験に望むようです。なので、濃淡をそれぞれいろいろ試してみる必要がありそうです。

イラストの場合

アニメキャラのイラストの場合はコピックや線画はミリペンを使う事が多いので、下書きに使う鉛筆は太さを選ぶくらいで、なんでもいいかもしれません。
しかし、2Hなどは下書きに便利なのでおすすめできます。

白黒で表現するアーティスティックなイラストの場合は、人物や物によって濃淡を使い分けたいところです。
ハイユニかステッドラーを選んで、セット購入か、好みの硬度を試しためし増やしていくといいでしょう。

リアル人物イラストの場合

リアルよりのイラストの場合は、人物によって肌色や髪の毛の色が違うので、メーカーが出している全部の硬度を集めたいところです。

筆者もリアルイラストもやっていましたが、シャーペンだけでもできなくもありません。

しかし色鉛筆と同じで、硬度が少ないと物足らなくなるので、濃い色が欲しくなります。髪の毛や目玉など、濃淡を分けて描かないとただのモノクロのイラストになってしまうからです。

 

弘法筆を選ばずというけれど..

筆者はランチなどどこでいいという仕事の先輩や、財布だけ持って笑いだけとって帰ってくる芸人や、研いだらみんな一緒という大工さんが好きなタイプです。

しかし、作っている人の背景を知ると「そうじゃないかも」と思うものです。

手間をかけて作っているので種類も多く、値段も高い。でも、それだけ使う人の期待に答えているという事でもあります。

ちょっとずつ物をきちんと選ぶ習慣を付けていこうと思うこの頃ですw。

タグで検索!

画材, ,