デジタルイラストの初心者

ペンタブ

デジタルイラスト【初心者】ガイド!道具や独学方法など!

2020年8月9日

 

これからデジタルをはじめて見たい!しかし最初は何から始めたら良いのか、どうやって学習していったら良いのか、分からないものです。

筆者も最初はどんなソフトがあるのか、「何から始めたら良いのか」、「どんな道具があるのか」、何もかもわかりませんでした。

まとめて誰かに聞ければ、迷いなくすぐに学習に入れたと思います。

そこで、今回は筆者がデジタルイラストを始めるに当たって、知りたかった事をまとめましたよ!

 

目次

  1. 絵の初心者がデジタルイラストを初めて大丈夫なの?
  2. デジタルイラストの初心者はどうやって学ぶ?
  3. デジタルイラストの初心者が最初に必要な道具は?
  4. デジタルイラストの初心者が必要な本はどんなもの?
  5. デジタルイラストの初心者の学習に費用はどれくらいかかる?
  6. デジタルイラストの制作の流れは?
  7. デジタルイラスト初心者が慣れるにはどんな練習が必要?

スポンサーリンク

絵の初心者がデジタルイラストを初めて大丈夫なの?

絵を今まで描いていなかった人が、そもそもいきなりデジタルイラストを初めて大丈夫?という悩みをお持ちの方も多いでしょう。

もちろんデジタルから初めても大丈夫です!

初心者でも使いやすい機能や操作は、むしろアナログよりも綺麗にイラストを仕上げる事ができます!

ペンタブは慣れるのに時間がかかるのでは?

もちろんペンタブを覚えるのに、いくらか時間がかかります。特に板タブレットは時間がかかります。

液晶タブレットだとアナログとほとんど変わらない描きやすさなので、1日で慣れてしまいます

板タブレットは初心者には少し難しく、使いやすいと感じるのに、おそらく数ヶ月〜数年かかる場合があります。(筆者感)

しかし板タブの方が操作性がよく、ウェブ操作や他アプリを並行して操作する方は、こちらの方が使い勝手がいいのかなと思います。
プロの方でも板タブレットを好んで使用されている方は多いです。

 

スポンサーリンク

デジタルイラストの初心者はどうやって学ぶ?

今では専門学校や大学、セミナーやスクール、オンラインスクールなど、デジタルイラストを教わる事ができる場所がたくさんあります!

費用をかけて、とっかかりのハードルを学校で取っ払ってもらうのも良い方法だと思います。

 

デジタルイラストを独学で学ぶ

デジタルイラストは独学でも十分学ぶ事ができます。世の中には多くのインターネットの無料講座・会員制の有料講座があります。

有名な講座を上げて、どう言ったものがあるのか見ていきましょう。

ネットの有料イラスト講座

イラストコミュニケーションサービスのpixivSenseiをじめとして、月額料金で学ぶ事ができるサイトがあります。

pixivのSenseiはプレミアム会員(月額500円ほど)で講座動画を見放題です。その他、月謝を払って添削や講座を受講できるタイプのものがあります。

有料イラスト講座の一部例

pixiv:sensei
株式会社パルミー:パルミー
ユーキャン:ユーキャンの全講座一覧 …など

ネットの無料イラスト講座

もちろん無料で学ぶ事ができるサイトもたくさんあります。ネット記事やYoutubeなどの動画でイラストを無料で学ぶ事ができるのです。

もちろん当サイトの「でざいま」も無料でイラストの描き方やソフトの操作を学ぶ事ができますよ!

無料のイラスト講座の例

クリップスタジオペイント:CLIP STUDIO PAINT TIPS
クリップスタジオペイント:イラスト・漫画描き方ナビ           …など

 

デジタルイラストを学校で学ぶ

大学や専門学校でデジタルイラストを本格的に学ぶこともできます。社会人向けのコースや、インターンや就職相談など、学校ならではのサービスを受ける事ができます。

代々木アニメーション学院

著名な卒業生や企業との連携など、老舗の人気専門学校。通称は代アニ。全国各地に学校があります。

公式サイト:代々木アニメーション学院
学校:東京/大阪/名古屋/広島/福岡/金沢/仙台/札幌
学科:アニメーター/イラスト/小説/声優など
見学:オープンキャンパス/オンライン/体験など

アミューズメントメディア総合学院

歴史あるAMGグループの専門学校。多くの卒業生が有名企業に内定、イラストレーター漫画家デビューをされています。

公式サイト:アミューズメントメディア総合学院
学校:東京・大阪
学科:ゲーム/アニメ/漫画/小説/声優など
見学:オープンキャンパス/オンライン/体験など

その他専門学校一覧

専門学校デジタルアーツ東京/HAL東京/バンタンゲームアカデミー/東京デザイン専門学校

など…。

有名どころの資料を請求して学科や学費などを比較しています。参考にどうぞ!

イラストを学べる専門学校のおすすめは?資料請求してみたぞ!

 

スポンサーリンク

デジタルイラストの初心者が最初に必要な道具は?

アナログは描くための道具を揃えるのがちょっと大変..。しかしデジタルイラストなら一度道具を買ってしまえば、多様なブラシや無料素材を使って自由自在の表現ができちゃいます!

今度は必要な道具と、どれくらいの費用がかかるのかをみていきましょう!

 

ペンタブレット

ペンタブレットは主に、液晶タブレット板タブレットがあります。

液晶タブレットの方が初心者にとって慣れるのが早いですが値段が高く、板タブレットの方が初心者の方では慣れるのに時間がかかります。しかし値段が安いです。

プロの方でも板タブレットを愛用している人はたくさんいます。

有名なメーカー 一覧

ワコム/HUION/XP-Pen/Apple iPadなど

液晶タブレット

ちなみに筆者が一番最初に買ったのがこのWacom Cintiqシリーズ。当時は10万近くしましたが、随分安くなりました!現在は海外メーカーやタブレット端末など種類がふえ、5万以下でも購入できるようになっています。

有名機種 一覧

Wacom Cintiqシリーズ/Apple iPad(Pro)/HUIONなど

板タブレット

人気は国産のWacom Intuos Proシリーズ。プロの愛用者が多いのが特徴です。

しかし国内外のメーカーにも高機能で安価な板タブがたくさんあります。

有名機種 一覧

Wacom Intuos Pro/Wacom Intuos/

 

PCモニター

モニタータブレット

液晶タブレットの場合は画面の大きさを選べるのでそれほど必要ありませんが、板タブレットの場合は別でモニターを用意するのも良いでしょう。

なぜモニターが必要?

ノートパソコンの画面でも十分イラストの作成ができます。しかしイラストは引きで全体を見ながら作る必要があるので、拡大縮小する手間を省くためにはモニターが必要です。

モニターの大きさはどれくらい必要?

サイズは現在使っているPCよりも大きいもの。つまり一般的な16インチノートパソコンよりも大きなサイズが欲しいところです。

20インチ以上のモニターが欲しいところです。

モニターは今すぐ必要?

発色や画面の明るさ、色合いなどを見たいので、ある程度ノートパソコンでやってから、不足していると思った場所を補えるモニターを選ぶと良いと思います。

やっていくとわかる問題点の例

背景制作など、細かく拡大しなくても引きで描きたい..
ノートパソコンの色が暗い…
明るい色が今のPCでは見にくい..など

 

デジタルイラストの初心者が必要な本はどんなもの?

デジタルイラストを学校で学ぶにしろ、独学で学ぶにしろ、いくつか本を購入することになると思います。

初心者の方が購入してすぐに役立つもの、ずっと使う事ができるものを3冊だけご紹介します。

  1. 『スカルプターのための美術解剖学』
  2. 『アーティストのための美術解剖学』
  3. 『プロ絵師の技を完全マスター キャラ塗り上達術』

どれも初心者の方がデジタルイラストを学ぶには良書です。筆者もこれらを活用して、あとはネットや作品を実際に見て、研究して覚えていきましたよ!

イラストの初心者に本は必要??ずっと使える本も5選を紹介!

 

デジタルイラストの初心者の学習に費用はどれくらいかかる?

ペンタブに本、学校に行けば月謝がかかります。初心者の方はどれくらい投資すればデジタルイラスト を覚える事ができるのでしょうか?

独学で費用をかけない場合

独学で費用を全くかけない場合は、デジタルイラスト・ソフトとペンタブ代金と本の代金ほどで十分です。

デジタルイラストソフト・・Clip Studio Pro(¥5000)
ペンタブ・・¥6000〜1万円ほど
・・・¥0〜1万円ほど

PCをすでにお持ちの場合は、最安だと、大体これくらいで始める事ができるかと思います。

*PCとデジタルソフトやペンタブの機種があっているか確認が必要

 

スポンサーリンク

デジタルイラストの制作の流れは?

効率よくイラストを制作できるのがデジ絵のメリットです。しかし操作を覚えるのにちょっと苦労します。

デジタルイラスト特有の考え方である「手ぶれ補正」「レイヤー」「エフェクト」など、デジタルらしい表現をするために機能を覚えていく必要があります。

 

手ぶれ補正でパキッとした表現に

デジタルらしいパキッとした表現に

デジタルらしいパキッとした綺麗な線は「手ぶれ補正機能」のおかげ!この機能でまっすぐ線を引く事ができます。

ペンを選んで手ぶれ補正のゲージをあげれば、安定したまっすぐな線を引く事ができます。

レイヤーとは?

クリスタのレイヤーという概念

ほとんどのデジタルソフトはレイヤーという概念を採用しています。

大きく線画レイヤー・塗りレイヤー、細かくは服レイヤー・髪の毛レイヤー・肌レイヤーという風に分けて、イラストを制作していきます。

レイヤーを分けることによって、修正しやすく、エフェクトをかけやすくなります

エフェクトを入れる

レイヤーに分けることによって、各パーツごとにエフェクトを入れる事ができます。

瞳を発酵させたり、虹彩を入れたりと、エフェクトをかけながら制作をしていきます。

レイヤーのエフェクト

このようにかけられるエフェクトに種類があります。

デジタルイラストの描き方!全体の流れと作品で実践しよう!

前回記事にしましたので、こちらも参照してみてください!

 

デジタルイラスト初心者が慣れるにはどんな練習が必要?

最初はデジタル特有の制作過程やペンタブの使い方に苦労します。

デジタルを練習するにはどのような練習方法が良いのでしょうか?

好きな作品をトレースしてみる

グラフィックデザイナーにはおなじみのトレース。デジタルソフトで画像の透明度を下げて、同じように真似してみる方法です。

構図や線の滑らかさ、色など、いろんな事を学ぶ事ができます。

*作品のダウンロードやスクリーンショット自体が法律で禁止されている場合があるので、著作権のある画像の利用方法に注意が必要です。

 

下書きから塗りまで全部デジタルで行っていく

アナログで描いたイラストをスマホやコピー機でPCに取り込む方法もありますが、デジタルに慣れるにはデジタルで下書きから完成まで一貫して作業するのもおすすめです。

アナログで下書きを描いても良いのですが、デジタルで下書きを描けば、下書きの勢いをそのまま線画や塗りに反映させる事ができます。

また、種類豊富な消しゴムや左右反転、部分的な角度調整など修正しながら下書きを描けます。

 

デジタルイラストを学ぼう!

なんだか難しそうですが、今や小学生や中学生でもデジタルイラストに挑戦しています。

ゴルフバッグを揃えたり、車が必要だったりと、他の趣味は費用がかかります。しかしデジ絵は全然費用がかかりませんよね。

是非とも初心者だからといっても臆せず、デジタルイラストに挑戦してみてくださいね!

 

タグで検索!

ペンタブ,