デジタルイラスト の初心者向けの講座

描き方

デジタルイラストの描き方!全体の流れと作品で実践しよう!

 

アナログで描いたイラストをデジタルにしたい!

下書きから全部デジタルでイラストを描きたい!

こんな疑問に答えられるよう、デジタルイラストの描き方を手順を追ってご紹介していきます!

*ちなみに作業はクリスタを使っています。他のソフトでも機能や考え方は基本的には同じですぞ!

 

スポンサーリンク

デジタルイラストの描き方:手順①用紙設定

新規作成のファイル

まずは画面上部のファイル新規作成をクリックします。キーボードのコントロール(コマンド)とNボタンでも出せます。

プリセット

プリセットか、そのしたのキャンバス内にある幅と高さを指定して用紙を作成します。

落書きなら解像度が350dpi以内で、用紙が1000×1000px以内か前後がちょうど良いです。

用紙の大きさについて

基本は媒体に合わせて用紙の大きさを決めます。
同人誌ならA4かB5など、pixivならウェブサイトのPCの画面サイズに合わせて横1000px位、ツイッターなら横600px前後くらいで十分でしょう。

参照:pixivの投稿サイズまとめ!解像度も【イラスト・漫画版】

用紙サイズはプリセットから選ぶ

用紙のサイズがわからない場合は、プリセットから選ぶと良いでしょう。

最初は用紙が大きいと描きにくいので、1000px前後の用紙を選ぶのがおすすめです!

作業画面に用紙ができた

作業画面に用紙がセットできました。

早速下書きに入っていきましょう!

下書き線画塗りという順番でデジタルイラストを作成していきます。

 

スポンサーリンク

デジタルイラストの描き方:手順②下書き

 

レイヤーに名前をつける

作業画面右にレイヤーと呼ばれる領域があります。「用紙」には何も描きません。「レイヤー1」と書かれたレイヤーに、下書きを描いていきます。

レイヤー1」と書かれた部分をダブルクリックして、「下書き」と名前を入れておきます。

のちのち下書き・線画・服塗り・肌塗りというようにファイル整理していきます。

下書き用のペンを選ぶ

今度は下書きで使うペンを選んでいきます。ペンツールは作業画面の左側にあります。

gpenya-marupen

ペンのマークをクリックすると、Gペンや丸ペンがでてきます。

最初はGペンや丸ペンがおすすめです。

下書き用のペンは?

よく使われるのは、Gペン・丸ペン・(濃い/薄い)鉛筆・スプレー・ブラシ(水彩など)….。スプレーやブラシは力の入れ具合で陰影も一緒に描けるのでおすすめです。

筆者は下書きも線画も丸ペンだけ使っています。

下書きの設定

今回はこのような設定にしました。

ブラシサイズなど、ペンの下にでている領域はツールプロパティと呼びます。

ブラシサイズは用紙によって自分で適当なサイズにします。今回は15〜30あたりで太さを変えてやると良いでしょう。

不透明度はレイヤーで変更するのが良いので(後述)、初期値の100にしておくと良いでしょう。

手ぶれ補正はまっすぐ線を引くための機能です。下書きは0〜10位、線画は0〜30位がちょうど良いと思います。

色はグレーやブルー

下書きで使う色はグレーやブルーがおすすめです。

グレーの線画作業

黒でペン入れをした時に見やすいからです。

では、今度は実際に下書きを描いていきましょう!

下書きをざっと描く

下書きの描き方は自由です。アナログでデッサンをしてから、スマホなどで写真をとって読むこむ方法もあります。

下書きはざっと描いてから、細かく描くのが良いでしょう。どっちみち線画作業(ペン入れ)の段階でも修正を繰り返す事が多いからです。

下書きは必要であれば、透明度を下げたり、新しくレイヤーを作って描きます。

透明度とはデジタルイラストの特徴的な機能の一つです。ご覧のように、透明度を下げると、他のレイヤーの線が見えるようになります。

これを利用して、下書きを描きやすくしていきます。

透明度を下げて、黒線の下書きも描きました。

左右のバランスが崩れていないか左右反転をしてみます。

下書き段階でも左右反転する

作業画面上部のメニューから、編集変形左右反転でイラストを左右反転する事ができます。

下書きを左右反転してみる

左右反転してみました。それほどデッサンが崩れていないようなので、早速、線画作業(ペン入れ)に入っていきたいと思います。

下書きが上達するには?

下書き、難しいですよね..。どこまで下書きを描きこむかは人それぞれです。

デッサンを覚えて、すでに頭の中に形が細かくイメージできるようになると、かなりラフな下書きでも十分になります。

しかし、お絵かきの初心者の方で、デッサンも勉強中の方は、下書きの時間が長くなると思います。

筆者も最初はデッサン崩れがなくなるまで下書きを描きこんいました。何日も時間がかかっても大丈夫です!

 

 

スポンサーリンク

デジタルイラストの描き方:手順③線画

先ほどの下書きのレイヤー が溜まっている場合はまとめてしまいます。

赤枠で囲まれた「下のレイヤーに結合」マークをクリックして、下のレイヤーと結合します。

一個にまとまりました。必要ならば、また「下書き」と名前を付けておきましょう!

 

(線画)ペン入れ作業に入る

早速線画作業に入る

下書きのレイヤーの上に、今度は「線画」レイヤーを作ります。下書きは線画が見えやすいように、透明度を下げておきます。

透明度は34%くらいにしました。ペン入れが進むにつれて、透明度はさらに20%…10%…5%と徐々に下げていくのがおすすめです。

線画の色はお好みですが、基本は黒です。上記のように茶色よりの黒も人気です。灰色よりの黒にしている人もいますし、肌の色よりも濃い色を選んで肌に馴染ませたりする人もいます。

線の色

決まりはないので、最初は黒で描いて、仕上がりをみて色を後から変更すると良いでしょう。

線の色について

リアリティや没入感のあるギャルゲキャラらしいギャルゲ塗りは、わざと線を細くしたり、肌色に馴染ませたりして、線を目立たなくする事もあります。

アニメキャラの場合はわかりやすく、線を黒でやや太めに描いたりもします。

このように、キャラによっても線の色が変わるのです。

線の色を参考にしたりしなかったり

下書きの線を参考にしたり、しなかったり、ペン入れをしていきます。

下書きの線をそのまま写しても綺麗に見えない事もあるので、左右反転したり、引で見て全体のバランスを確認しながらペン入れをしていきます。

引で確認する

拡大して綺麗に見えても、引きで見るとバランスが崩れている事がよくあるので注意です。

別でモニターを用意して全体を確認しながら描く方法もあります。

とりあえずペン入れ作業は完了しました。

気になるところがあれば後で直せば良いので、適当なところで諦めて、先に進むように心がけておくと良いでしょう。

 

デジタルイラストの描き方:手順④下書きの塗り

今度は塗りの作業をしていきます。

初めから頭に色がイメージできていればいきなり塗っても良いのですが、色の下書きも行っておくとわかりやすいです。

下書きの塗りをしてみる

塗りの下書き

塗り作業は線画の下で行います。なので、「線画」レイヤーの下に、「塗り」レイヤーを作りましょう!

線の下に塗り

これで線画の下に色を塗る事ができるようになります。デジタルイラスト特有の描き方です。

色の下書きを完成させる

適当で良いので、ベース色と影色をのせていきます。ベース色と影色については後述します。

このように先に下塗りをやっておくと、完成形が早く想像できるので作業効率がよくなると思っています。

ちなみに塗る面積が少なくなるので、線画データを別ファイルに保存して、半分サイズの用紙で下塗りしています。

途中でアイデアが出て、これ通りにならない事も多いですが、個人的にはとりあえずこの方法でやっています。

 

デジタルイラストの描き方:手順⑤本番の塗り

デジタルイラスト特有の操作や考え方があるので、初心者の方には描き方がなかなか難しいですよね?

しかし慣れてくると、アナログよりもこのデジタルの作業がいかに効率的で無駄がないかがわかってくるでしょう!

今度は本番の塗り作業を見ていきます!

塗りのファイルを作る

先に頭に入れておいていただきたい、全体の流れがあるので、ざっと読んでくださいませ。

塗りのファイルの場所

基本的には線画レイヤーの下に、塗りレイヤーが入ります。

下にくる順番で色をいれる

線の下に色を入れたいので「線画」レイヤーが一番上。

肌の上に髪の毛と服があるので、「肌」レイヤーの上には「髪の毛」と「服」レイヤーを置きます。

塗りは基本ベース色と影色を使います。ファイルを作りたいレイヤーの上で右クリックし、フォルダーを作成してレイヤーを挿入をクリックすると、ファイル分けできます。

ファイルは先に作っておいてプリセットとして保存しておいても良いし、描きながら作っていっても良いです。

ファイルを色分けしておく

ちなみにこのようにファイルを色分けしておくとわかりやすいです。色は髪の毛が茶色なら茶色、という感じです。

レイヤーを選択した状態で、左上の赤枠から色を変更できます。

 

早速塗っていく

では準備ができたので、早速塗っていきましょう!

バケツツールを使ってぬり

デジタルイラストの塗り作業は主にバケツツールブラシペンツールを使ってぬります。投げ縄ツールで囲って塗る場合もあります。

他のレイヤーを参照:上の「線画」レイヤーなどを参考にしてはみ出ない
隙間とじ:線と線がつながっていないと色がはみ出るので、はみ出たらゲージを上げる

ベース色

 

基本は一番下に色がくる肌色を先に塗っていきます。

バケツツールでざっと塗ってから、Gペン丸ペンで塗れていない部分を塗りつぶしていきます。

影色

今度は影色を塗っていきます。影色は1個で足らない時は複数作ります。

ベース色の上にレイヤーを作り、クリッピングをして塗ります。

クリッピングとは、下の色の上にはみ出ずに色を塗れる機能です。影色は基本クリッピングをして塗っていきます。

 

肌色・目・髪の毛・服など、全部同じようにベース色を塗ってから影色を入れて塗り作業を進めていきます。

全部同じような作業なので、以降は省略します。メイキングの記事で改めてご紹介することにします!

 

スポンサーリンク

完成

作品の完成

とりあえず作品が完成しました。

左右反転したり、引きで見たりして、全体のバランスが大丈夫か確認して、とりあえず筆を置きます。

作品完成直後では気がつかなかった事が、作品を寝かせた後に気がつく事があるので、後日修正するのも良いでしょう。

作品の回転を早くするために、すぐにツイッターやpixivに載せるのも良いと思います。

 

デジタルイラストの描き方をマスターしよう!

今回はデジタルイラストの描き方の基本的なことを学んでいきました。描き方の流れとしてはこの程度の知識で十分かと思います。

やっていくうちにペン入れのブラシを自分でカスタマイズしたり、全体をみるためのモニターを購入してみたり、色々パワーアップしていくと思います!

是非とも実際にソフトを使って練習してみてくださいね!では!

タグで検索!

描き方,