髪の毛の描き方講座

描き方

髪の毛の描き方のポイントまとめ!初心者向け!

 

描くのが最も楽しい場所と言ってもいい「髪の毛」。楽しいだけに非常に奥が不快ですよね?

基本的なことを理解していても、練習を積み重ねないと中々綺麗に描けないものです。

今回は基本的な理解を中心として、髪の毛の描き方をポイント別にまとめてみていきます。

 

スポンサーリンク

髪の毛の描き方のポイント①:坊主頭にする

髪の毛を綺麗にのせる為には、坊主頭を描けるようにする必要があります。

坊主頭を描いてから髪の毛描く

慣れてくると坊主頭から描かなくなりますが、最初は坊主頭を描いて髪の毛をのせる練習をすると効果的です。

坊主頭を描いてから髪の毛を描く

横顔も斜め顔も、基本的にはどの角度の顔も、坊主頭からアタリをとって描く事ができます。

坊主頭の描き方を考える

描き方は簡単です。しかしいろんな角度を練習する必要があり、覚えるのに時間がかかります。

しかし覚えると、迷いなく顔の角度や目、そして髪の毛の描き方を覚える事ができるので、おすすめです。

坊主頭の描き方!正面・俯瞰・アオリや考え方なども!

前回記事にしたものです。髪の毛の描き方を覚える為に、練習してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

髪の毛の描き方のポイント②:正面顔から練習する

角度のある髪の毛を練習する前に、まずは正面顔から練習するのがおすすめです。

正面からみた場合の立体図

正面顔はのっぺりと描いてしまいがちですが、側面部分を意識して描く必要があります。

側面を意識するだけで、正面から見た髪の毛の描き方も変わります。ちょっと分解してみましょう。

正面から見た場合の髪の毛の描き方

側面を意識すると、このように髪の毛が立体になっています。

同じように、影塗りも側面部分を意識して行う必要があります。

側面部分は影が多め

このように、側面に影ができる分けですので、側面部分に影を多めに入れておけば、正面から見ても髪の毛が立体的になります。

重なり髪に合わせて影をいれる

ちなみに髪の毛の影は、上の髪の毛と下の髪の毛が重なっていることを表現する為に描きます。

なので、重なっている下部分に影ができるので、下に影が多いのが特徴です。

(これはあとの章で後述します。)

こんな感じで、毛束を1個や2個だけ使って、立体的に見えるように練習してみるのもおすすめです。

ブロックにしてみることで髪の毛の描き方がかなり分かりやすくなります。

 

スポンサーリンク

髪の毛の描き方のポイント③:角度を変えて考えてみる

今度は角度を変えて、髪の毛の描き方のポイントを見ていきます。

正面から見た場合の描き方を見たので、いきなりやるよりも分かりやすくなっていると思います。

坊主頭をまずは描きます。坊主頭の中に描かれていますが、自分で分かりやすいようにこうしてます。必要ないなら要りません。

ちなみに正面顔では説明していませんでしたが、髪の毛を描く際は、坊主頭からちょっと浮かせて髪の毛を描きます。

右の図のように、少し浮かせないと、毛束の側面部分が見えている事を表すための線を引けないからです。

この線がないとペタンとした感じになってしまいます。

角度を変えた場合の髪の毛の描き方

角度を変えても正面顔とやったことは同じです。ちょっと難しいですが。

側面を意識しながら、まずはブロックで毛束を描いてみて練習しましょう!

ちなみにツインテールもこのようにブッロックにすると分かりやすくなります。

立体を意識する練習として効果的な方法です。

暇な時などに、ノートの端に落書きして練習したいところです。

 

髪の毛の描き方のポイント④:毛の重なりを意識する

今度は、影塗りを行う際に必要な知識、毛の重なり表現を学んでいきます。

毛の重なりについての説明

先ほどもチラッとご紹介しましたが、髪の毛の影部分は、毛の重なりを表現する為に付けられています。

上の髪の毛と下の髪の毛を意識する

色分けしてみます。緑が上の髪の毛、グレー(影)が下の髪の毛です。

上の髪の毛は上にあるので光があたっています。下の髪の毛は上の髪の毛が落としている影ができています。

重なっている部分のアタリを描く

先に重なりができる場所に下書きの線を入れておくと良いでしょう。ギャルゲキャラなどは線をそのまま残しておいたりもします。

どのように重なっていると綺麗に見えるかは描き手のセンスなので、色々研究てみると面白いでしょう。

 

髪の毛の描き方を覚えよう!

基本的なポイントをみていきましたが、基本を理解するだけで髪の毛の描き方を覚える上で必要なことを大体網羅できる事がわかるのではないでしょうか。

髪の毛の描き方は難しいので、時間がかかるかもしれませんが、諦めずコツコツと練習してみてくださいね!

タグで検索!

描き方, ,