クリスタのフォントの固定方法

クリスタ

クリスタでフォントを固定しておく方法など!環境設定について

 

クリスタのフォントを使っていると、前に使ったやつをまた使いたいのに、別のフォント戻ってしまうことがあります。一体どういう現象なのでしょうか?

これだとフォントが切り替わると毎回フォントを選んでサイズを設定し直さなければいけません。

今回はクリスタのフォントが切り替わってしまう原因を解説し、フォントを固定しておく方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

クリスタのフォントを固定する方法

実は、クリスタのフォントを選択する時は、必ずテキスト編集をする前に選択しなければいけません。

テキスト編集中

このように「テキスト編集中」と表示されている時にフォントを変えると、テキストを打った後にまたさっきのフォントに戻ってしまいます。

例:今『07ふぉんとうは怖い明朝体』が選択されていますが、「テキスト編集中」の状態に『ラノベPOP』に変えてテキストを打つと、打ち終わって完了した後に、また『07ふぉんとうは怖い明朝体』に戻ってしまいます。

なので、フォントを固定するには、レイヤーにテキストを打つ前にフォント(サイズなども)を選択しなければいけないのです。

 

クリスタのフォントを固定するならスパナマークをクリック

スパナマーク

今度はいつも同じフォントを使いたいという時に便利な「スパナマーク」の紹介です。

ツールパレットの右上にこのようなスパナのマークがありますが、これをクリックしておくと、現在選択されているフォントが固定され、初期状態として設定されます。

これでテキストツールを選択する時はいつでも、スパナを押した時と同じフォントを使うことができます。しかもサイズや行揃えなど、ツールパレット全体の情報も保存されます。

例:ラノベPOPのサイズ10を選択→フォントを明朝体に変更→ツール変えて鉛筆で線画→水彩で塗り→またテキストツールに戻る=ラノベPOPのサイズ10に戻ってる!

 

クリスタでいつも同じフォントを初期値に固定したい場合に使える方法です。

 

スポンサーリンク

クリスタのフォントはファイル分けすべし!

フォントをファイルに整理

いつも使っているフォントや、今回の作業で使うもの、または明朝体やゴシックなど、ファイルを作って分けておくと便利です。

一度見失うと、どこにいるのかわからない暴れ馬のようなクリスタのフォントも、これならすぐに見つけることができます。

新規ファイルの作成

ツールプロパティの右下のスパナマークをクリックすると、右の画面が出てきます。この「フォントリスト設定」から新規ファイルを作成して、お好みのフォントをチェックして入れておくことができます。

 

おすすめの分け方

最初にいろいろ調べて分けてファイル整理するのは大変ですので、使った時に分けて行く、というのがいいのではないと思います。

作業中に設定するのが面倒な時はメモしておいて後で整理するのもいいのではないでしょうか。

 

クリスタのフォントを固定しておくべし

さて、クリスタのフォントを固定するテクニックは身についたでしょうか。

筆者も最初はフォントがどこかに行ってしまって、探すのに非常に時間がかかりました。しかしフォントの設定方法を知ったらだいぶ作業が楽になったので、ぜひとも試してみてください!

 







タグで検索!

クリスタ,