男性と女性の顔のパーツの違いについて学ぼう

リアルキャラの男性と女性の顔のパーツの違いについて#4

2019年8月11日

 

前回は正面顔の比率について見ていきました。正面顔をもっと綺麗に描くために、今回はリアルキャラの男女の顔の違いについて学んでいきましょう。

男女で顔のパーツの違いを知ると、よりリアリティのある顔を描くことができます。また、違いを知っていると強調させる部分がわかるので、少ない線で的確に特徴を表すことができます。

今回はリアルキャラで、次回はアニメキャラの男女の顔の違いについて解説していきます。リアル顔の理解はアニメキャラにも通づるのでリアル顔もしっかり学んでいきましょう!

ちなみに前回の記事はこちらです。

アニメ系の正面顔の描き方!比率を覚えよう#3

 

スポンサーリンク

男性と女性の顔を描き分ける

男性と女性の顔の描き方を覚えるには男性と女性の顔の違いについて知らないといけません。最初に男女の顔の形や特徴の違いについて見ていきましょう。

 

女性の顔の特徴を理解する

男性と女性の顔を描き分ける

女性の顔の特徴を頭で改めて理解することは重要です。

「女性は顔がほっそりとしていて髪が長い」と言う少ない情報だけで描くよりも、「男性よりも顎が細く、頬骨が出ておらず、首が細く、眉毛が細く、鼻が上向きで丸みがある…」といった複数の情報があった方が描くのも簡単で説得力もまします。

 

男性の顔の特徴を理解する

男性の顔の特徴を理解する

男性を描く時も同じで、「男性は眉毛が太く、鼻根が表面に出ており、頬骨が出ており、首が太く…」といったパーツの違いを頭で意識していると、わかりやすい男性のイラストを描くことができます。

男女のパーツの違いを意識しながら、顔の特徴についてそれぞれ比較して見ていきましょう!

 

男性と女性の顔のパーツの違い

男性と女性の顔を隣同士に並べてみれば一目瞭然なのですが、描いている時は夢中になっているので気がつかない小さな違いが多いです。なので男女の顔の違いは常に頭に意識しておく必要があります。

女性らしく男性らしく描く場合は、それぞれの特徴を強調させるといいでしょう。

 

男性は眉毛が太く女性は細長い

こち亀の両さんを思い出すとわかりやすいですが、眉毛を太く描くと男っぽくなります。逆に女性は眉毛を細く描くと女性らしくなります。

女性の場合は顔の形に合わせて眉毛を剃ったり整えて、その後にペンで書き入れています。より本格的に描くならどういう顔の人がどの色でどの形に眉毛を書いているのか研究してみるのがいいでしょう。

逆に、男性でも女性的にしたいなら細く描くと中性的に表現できます。異性の特徴を反映させるのもイラスト的な描き方で需要なことです。

 

女性は上まぶたが厚く男性ははっきりしない

男性と女性のまぶたの違い

女性は上まぶたが厚く、男性は上まぶたが細いのも特徴の一つです。

上瞼がはっきり描かれていると目元が明るい印象になり、薄く描かれると暗い感じになります。また、まぶたをはっきり描くことによってリアリティも出るので、イラストで表現する時は線の太さや有無に悩むところです。

一重まぶたやほとんど一重のようなまぶたにすることによって、やや不躾な、男性的な目を描くことができそうです。

 

男性は鼻根が目立ち女性は目立たない

鼻根(びこん)とは目の間にある鼻の付け根ですが、男性はこれがはっきりと太く、女性は薄く目立たないのが特徴です。

女性でも鼻根がクッとでているかっこいいモデルさんがいらっしゃいます。鼻根の骨ばった感じは男性の特徴ですので、男性的な魅力を感じてかっこいいと感じるのかもしれません。

外国人のようにキリッとした女性を描いたり、険しい表情を描くときなどは逆に女性でも鼻根の線を入れるとかっこよく描けるでしょう。

鼻根は顔の堀の深さや立体感を表現できるポイントでもあるので、鼻周りに線を加えて立体感を出すといいでしょう。

 

女性は鼻先が上を向いており男性は下を向いている

鼻先が少し上を向いていると女性らしく見えます。鼻が上向きだと少し幼く見えるので、女の子や若い女性を描く時にも使えそうです。

逆に男は鷲(わし)鼻のように「でんっ」と下を向いていると男性的になります。鼻根も出ているので鼻全体が前に「どしん」としている感じがします。

また、女性は鼻に丸みがあるのも特徴です。特に若い女性や子供の場合は鼻先が尖っているよりも丸みのある方が幼さを感じさせることができます。

 

唇が男性よりふっくらと厚い

   

整形してわざと唇をふっくらとさせるハリウッド女優の方もいらっしゃいます。またグロスによって丸みを出してふっくらと見せる化粧をする方もいます。唇がふっくらしていると女性(大人)らしく見えるのです。

イラストで表現する時は塗りが重要になります。漫画など、線画だけで表現する時は、女性には唇の線を入れ、男性には線を入れないなどの工夫をするといいでしょう。

 

頰骨は女性はなめらか男性はがっしり

女性の頰はガシッとしているとパリコレモデルみたいでかっこいいのものですが、なめらかで男性よりもほっそりとしています。男性よりも頬骨が目立ちません。

反対に男性は頰の幅が広く、頬骨ががっしりとしています。

女性的なイケメンキャラを描く時は頬骨が目立たないように、女性のようなほっそりとなめらかな頰を意識するといいでしょう。上司や年上の男性キャラを描く時は頬骨を広く重たげにガシッと描くといいです。

 

顎が小さい

男性よりも顎先が小さく、細いのが女性の顔の特徴です。また女性はシュッと丸みのある下顎を描くと特徴がでます。

男性は逆に顎先を広く大きめに描くとかっこいいです。カクカクしたあたりを取って、四角張った顎を描くとわかりやすくなります。

 

首の太さ

女性は首が細く、男性は首が太いです。

男性は頬骨の下あたりから首の線を入れて思いっきり太く描くと男性的になります。逆に女性は頬骨よりもやや内側から首を描くといいです。

その際、首の線がちゃんと後頭部から出ているのを意識して描くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

イラストにおいてパーツの違いを出すかは作家の判断

こうした特徴は解剖学やデッサンの勉強をしていくと必ず学ぶのですが、もちろん実際の人物にすべて当てはまるわけではありません。

街を歩いていると男性なのに頰や首の細い人もいますし、女性でも鼻根が出て頬骨のしっかりした人もいます。しかし頰骨や首や鼻根など、骨格は男女によってあらかじめ決まっておりますので、男性らしい骨格や女性らしい骨格を意識して描くのはイラストでは非常に重要です。

イラストでリアルキャラを描く時は、男女の顔の違いを理解した上で、作家自身がどの特徴を引き出すか取捨選択して決めるといいでしょう。

男性でも女性的に描きたいのか、女性でも男性的に描きたいのか、基本的な特徴を理解して上でオリジナルに描いていきましょう!

 

まとめ

言葉にしてみると男女の顔の違いについてはっきりと頭で意識できるようになったのではないでしょうか。

イラスト的にキャラクターを描く時は男女のパーツをわかりやすく簡略的に描きたいところです。パーツの違いについて理解していれば、最低限の線を描くだけで男女の違いが出て、わかりやすいイラストになります。

学校や地元の図書館などに解剖学系の美術書や、医学系の身体の辞典があるので、より理解を深めたい方は研究してみるといいでしょう。驚くことに、身体構造の基本を理解しているとアニメキャラのようなデフォルメされたイラストもスムーズに描くことができるようになるのです。

今回はここまで、ということで、次回はアニメキャラの男女の違いについて解説していきますよ!

アニメキャラの男と女の顔のパーツの違いについて#5

 







タグで検索!

,