shoes-how-to-making

描き方

靴の描き方!正面や横や斜めなど描きやすいポイントを見てみよう!

 

今回は靴の描き方を見ていきます。綺麗に描くのが難しいのですが、いくつか描きやすくなるポイントがあるので見ていきます。

正面から見た靴の描き方から、横、斜め、後ろから見た靴の描き方を見ていきます。

 

スポンサーリンク

正面から見た靴の描き方

まずは正面から見た靴の描き方を見ていきます。

正面から見た靴は簡単そうなのですが、注意したいのは靴の前部分の盛り上がりです。

盛り上がりを表現するためにブロックにしてみましょう。

ブロックにすると、靴が本当はどんな立体になっているのかがわかっていいです。靴を作る時の型の型紙をみるとわかるのですが、複雑な曲線が多いのでちょっと描きづらいです。イラストらしく簡単な立体で靴らしくしたいところです。

点や線を使って立体的に捉えるといいです。実物の写真や資料を用いて、どうすれば立体的に見えるのか点や線を写真に描き込んでみるといいかもしれません。

靴の前部分を立体的に描けたら、オレンジで描いた曲線を描いて盛り上がっている感じにしましょう。

横からみるとこういう場所です。

いろんなタイプの靴でこのような出っ張りがあるものです。このようにワンポイント注意するだけで靴らしく見える場所があるので、先にいろいろ観察してから描くのもいいでしょう。

 

横から見た靴の描き方

今度は横から見た靴の描き方を見ていきます。まずは横から見た靴の特徴を見ていきます。

一番注意したいのは、つま先が上がっているということです。こうすることで歩きやすくなるのでしょう。

横から見た靴の描き方で注意したいのは、つま先の隙間です。靴のデザインによって、この隙間の大きさが違うようです。

スポーツシューズなどは大きく隙間が空いており、走りやすくなっています。ハイヒールなどはかかとが上がっているので、あまり大きくつま先が上がっているデザインは見ないです。

つま先がクッと上がっている感じは靴のデザインとしてかっこいいですね!

 

スポンサーリンク

斜めから見た靴の描き方

顔でも身体でも、斜めからの角度のイラストは描きやすいです。奥行きを表現しなければいけないのですが、形を捉えやすいので、斜めからは描きやすい感じがします。

今度は斜めからの靴の描き方を見ていきましょう。

斜めから描く時は、上のイラストのように中心線(赤線)を描いて、縦にクイ(緑線)を打っていくとわかりやすいです。あたりで適当に形をとった後にこの中心線とクイを描いて見て、形があっているか確認する感じです。

 

中心線は脚から引いていくと、正しく靴を履かせている感じのイラストになります。つま先まで中心線を引いて、それを基準に全体の靴の大きさや左右のバランスを確認してみましょう。

それから縦にクイを打つ感じで補助線を入れてみるといいです。ちゃんと平行になっているか確認できます。

 

後ろから見た靴の描き方

今度は後ろから見て見ましょう。どこをどう描くと後ろから見た感じの靴になるのか特徴をつかみにくいです。線だけで描いても靴らしく見せるのが難しかったりするので、塗りで影を入れて表現してしまうのもありかもしれません。

特徴的には、くるぶしと靴の口の隙間を描くことです。

くるぶしがないと足っぽくならないので表現した方がいいでしょう。それから後ろから見ると靴はかかとが余っていることがあるので、黒ベタなどで靴の隙間を表現するといいでしょう。

 

まとめ

簡単なポイントを紹介しましたが、おすすめの練習方法は観察してから描くということです。

 

先に勢いで描いてみて、どこが実物と違うのかチェックするのもいいですね!どっちにしろ観察してみるといいということですね!

もっともいい方法はやはり自分の靴を写真に撮影して、それを見て描くということです。確実ですし、もっとも効率的です。頑張ってください!

 







タグで検索!

描き方, ,