ショートカットの女の子の描き方!「ふわふわ」にしたい

2019年1月9日

 

今回はショートカットの女の子の描き方について見ていきます。ショートカットって難しいですよね。ツインテールなどは見た目も映えるのでラフの段階で綺麗に描ける感じがしますが、ショートカットの女の子はラフの段階でもなんとなくパッとした感じに描きにくい感じがします。

髪型のバリエーションもそれほど多くないので描くのが難しそうですね。でも見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ショートカットキャラの性格を考える

ショートカットのキャラの描き方に悩んだ時、まずはじめにキャラの性格を考えてみるのがいいかもしれません。

ショートカットの女の子のキャラは活発でボーイッシュなイメージがあります。しかし一方では男っぽくてクールなキャラクターもいます。自立心のある一匹狼的なキャラもいますよね。

こうした性格を考えると、目が重要な気がします。目の雰囲気でキャラの性格が出そうです。髪の毛の分け目や色、跳ね方などを変えてみると良さそうです。また顎やほっぺの形でも雰囲気を出せそうです。

 

正面から見たショートカットの女の子の描き方

早速正面から見たショートカットの女の子の描き方から見ていきます。

正面顔、難しいですよね。左右のバランスをチェックするのが難しいです。
正面顔のショートカットの女の子を描く時は、上のイラストのように奥行きを出すために前と後ろの髪の毛をはっきりと分けると描きやすいです。

①が後ろの髪の毛で、②が前の髪の毛です。このようにはっきり分けるとショートカットでも奥行きがはっきりするし、描きやすいです。こめかみに下ろすサイドの髪の毛があると安定します。

また、ショートカットだけに限ったことではありませんが、③のように「さけ目」の左右の高さや大きさを合わせるとバランスのいい正面顔を描くことができます。

正面顔は左右の目や耳の高さだけでなく、③などの顔の面積に関わる部分にも注意です。

 

ふんわりを意識する

ショートカットはロングヘアーと違って髪の毛の重さがないので、髪の質が柔らかい人はふんわりと横に広がるものです。ふんわりキャラを描くなら、矢印の方向に向かって広がっていく感じを意識して描いてみるのがおすすめです。

また、上のイラストのように、青と紫と緑の三つの部分をわけて線画を引くといいです。一気に線画を引くとストレートな感じになり、あんまりふんわりしません。

 

またバリーエーションを変える時もこの青と紫と緑の部分のボリュームを変えるといいです。

矢印の部分を変えて見ました。印象が少し違ったのではないでしょうか。ショートカットは変化を大きく変えるのが難しいですが、先ほど示した「青と紫と緑の大きさのバランス」を変えてみて、全体のシルエットを変えるのがいいです。

 

スポンサーリンク

斜めから見たショートカットの女の子の描き方

斜めから見たショートカットの女の子を見ていきます。
まず、横から見た顔は基本後頭部を丸のあたりでとっておくといいです。

横から見た場合は奥行きを意識して描いた方がいいので、上のイラストで青のペンで描いた線のように、平行線を意識して髪の毛をのせるといいです。青の線が並行しています。

斜めのショートカットでもサイドの髪の毛があると描きやすいです。自然とサイドにボリュームのあるキャラが多くなりがちです。

斜めから描くときは前髪やサイドの髪の毛にボリュームを持たせると映えるショートカットキャラになる気がします。そういうキャラも多いですよね、実際。

 

横から見たショートカットの女の子の描き方

今度は横から見たショートカットの女の子の描き方です。耳を出すか出さないか迷うところです。耳を出すと横顔として形がはっきりするのでバランスがよくなる気がします。

後頭部の丸のあたりをとりますが、頭は丸いので球体を意識すると影の位置などもわかりやすくなります。

耳がでてる感じ、いいですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

後ろから見たショートカットキャラの描き方がなかったですね。

随時更新しますw

 







タグで検索!

, , , ,