イラスト制作に行き詰った時の対処法

考え方

イラストに行き詰まった時にやるといいこと9まとめ!

 

イラストを描いていると結構行き詰まって、「もう完成させなくていいや!」ってなりますよねw

今回はそんな時に試した方がいいおすすめの対処法を9選見ていきます!

 

スポンサーリンク

イラストで行き詰った時の対処法1:アナログで描いてみる

板タブだとうまく線が引けなくて思い通りに描画できないことがありますよね?

ですので、イラストに行き詰まったらデジタルを離れて、ちょっとアナログで自由に描いてみる、というのがおすすめです。

コピーしてトレース台を使ってもいいし、行き詰まっているところだけ模写して直してみたりすると、結構その後スムーズに描けることができたりします。

 

イラストで行き詰った時の対処法2:資料を集める

「勝負の決め手は情報量の多さだ!」なんていいますよね!

イラストにおいて「情報」とは「資料」のことですが、やはり資料をしっかりと集めた方がいいと思います。Pixivやネットの画像など、今ではいろんな資料を簡単に集めることができるので、あたらめてイラスト制作に行き詰まったら、資料集めをしてみるのがおすすめです。

おすすめの資料集めサイトはこちら

  • Pixivプレミアム
  • Pinterest
  • Google画像検索

Pixivプレミアム会員だと人気順に検索することができるので、個人的にイラストに行き詰まった時の資料集めに使うならプレミアムがおすすめです。前回プレミアム会員になったので記事を書いたの、こちらでどんなことができるのかちょっと見てみてください。

Pixivプレミアムでは何ができる?内容と解約方法を説明!

 

スポンサーリンク

イラストで行き詰った時の対処法3:最初から描きなおす

イラスト制作で行き詰まったら、まずラフと下書きをもう一度別の用紙に0から描きなおすがおすすめです。

行き詰まっている時って、「描きなおす」のが面倒なことが多いです。もったいないから消しゴムで消したくなかったり、せっかくここまで描いたから捨てたくなかったりします。

しかし、ここは捨ててしまいましょう!別の紙にもう一度下書きとラフから描きなおすのがおすすめです。最初からやると言っても、先ほどの情報を踏まえてまた新しい作品を描くわけですから、今までの作業は無駄になっていないのです。

行き詰まったら、イヤイヤムードになる前に、さっぱりと新しいものを描くのがおすすめです。

 

イラストで行き詰った時の対処法4:塗りまでやってみる

線画作業で行き詰まっている時の場合ですが、線画がうまく描けないな、と思っても、とりあえず色をラフでもいいので塗ってみるのがおすすめです。

さっきと反対のことを言っていますが、これもいい方法だと思います。先に進んでみると情報量が増えるので、作品を完成させる方向が見えてくる場合がありあす。イラストは基本的に描きながら軌道修正して進んで行くものなので、トライアンドエラーを避けると絵が完成しないものだと思います。

なので、とりあえず下塗りだけでもいいので、色はどうしようかと、先に進んでみるのがいいです。塗りによって「ここ必要なかったな」とか、「背景で隠れるな」とかいろいろ変わってくるので、全体を見る意味で先に進むのがおすすめです!

 

イラストで行き詰った時の対処法5:素材を使う

クリスタなどの素材を使って回避

行き詰まった時は素直に、クリスタASSETなどの無料の素材集から引っ張ってきて、それで代用してしまうのがいいです。プライドを捨てて、他人の力を借りる、というのも大事だと思います。

素材集やネットで無料で使えるパターン集などを探してきて、わからないところをそれで補うのがおすすめです。

とりあえず素材で対処して、後から描けるようになったら自分で描けばいいので、とりあえず今を切り抜けるために他人の力を素直に借りてしまうのがおすすめです。

 

イラストで行き詰った時の対処法6:人に意見を求める

ジブリの宮崎駿さんは行き詰まったらスタッフや周りの人など誰でも意見を聞きまくるそうです。絵は人に見せるものなので、人がどういう絵を見たいのかマーケティングしているのだと思います。

なので、周りにイラストや絵を描いている人がいたら行き詰まっている箇所をLINEとかで聞いたり、フォロワーがいるならツイッターで聞くのもいいと思います。

確かに自分一人で考えるのも芸術ですが、人に聞くのも芸術なので、素直に意見を拾うのも正しいと思います。

 

スポンサーリンク

イラストで行き詰った時の対処法7:寝かせる

1日経ってイラストを見ると、「あれっ!こんなに下手だっけ!」と思うことがあります。プロでもこういう時がよくあるもので、こんな時は1日とか一週間とか半年とか..ある程度の期間わざと寝かせる時が多々あります。

短期間で達成させるのは難しいですが、長期間でコツコツ作ると意外と苦労も悩みもなく達成できることが多いと思います。人間は結局明日ビッグになってやろうと思っても無理なので、今できなかったら素直に長期的な目標に切り替えて、別の作品に取り掛かってしまうのもいいと思います。

 

イラストで行き詰った時の対処法8:イメジボードを作る

イメージボーどフォルダを作る

こんな感じでデジタルソフトのフォルダに「イメージボード」フォルダを作り、写真や文章などを入れて入れたい要素や資料を盛り込みます。

作品のイメージ

一つの画面の中にまとめるのがおすすめです。デジタルならワンクリックでフォルダを非表示にすることができるので楽です。

文章にしたり、追加で写真素材を入れておくと、困った時に役立ちます。文章やイメージ画像を一箇所に入れておくと、行き詰まって席を離れている時や、学校や仕事に言っている時に、頭の中でこの絵を思い出して、「あそこどうしようかな?」を考えやすくなるからです。

情報がバラバラになっていると、頭の中で思い出しにくいので、イメージは簡潔に一箇所にまとめておくのがいいと思っていますよ!

 

イラストで行き詰った時の対処法9:全体像を作る

全体のイメージを作る

線画作業や塗り作業をやる前に、まずは全体のイメージラフと、色を決めておくのがおすすめです。全体のイメージがあると作業もスムーズですし、作品にかかる時間も計算できるからです。

こんな感じで先に適当でいいいので、線画の下書きと、色までつけて見るといいです。色まで塗ると影になる部分がわかるので線画がスムーズになったり、いらない線やいる線がわかったりしますので、結構いいです。

 

イラストで行き詰っても気にしない

まとめると、行き詰まっている状態は「情報」が足りないことがほとんどだと思います。

  • 目的
  • 資料
  • 技術

こうした情報が足りていないことで行き詰まっていることが多いと思うので、「描きたい理由は何か?」「足りてない資料は何か?」「足りてない技術は何か?」などを一つ一つ紙に描いて整理しておくと、意外とスムーズに進むものだと思います。

才能や想像力が足りないとかではなく、いつも原因は科学的な理由にあると思います。なので、シンプルに情報量を増やす、という対策が一番だと思います。

 







タグで検索!

考え方, ,